初心者にやさしい資産運用セミナーBEST5

資産運用初心者のための投資入門ガイド

TOP » おすすめの資産運用はどれ?初心者のための金融商品wiki » 株式投資

株式投資

最も知名度の高い資産運用といえば、やはり株式投資ではないでしょうか。ここでは、株式投資の仕組みやメリット・デメリットを、投資未経験者の方向けに説明していきます。

株式投資の仕組み

株式投資とは、会社が発行した株券を購入することです。この株券は、会社の設立や事業展開などで大きなお金が必要となったとき、投資会社や投資家などに買い取ってもらう有価証券です。

会社は、株券を発行することで資金を調達しており、私たちはその会社の株主になります。なぜこのしくみが投資になるのかというと、それは、投資した会社がどんどん成長していったり、目覚ましい利益をあげたりすれば、その会社の株は高騰していきます。つまり、株価が購入時の価格よりも高値になるのです。

会社の将来性を見抜いて投資し、高値の頃合いをうまく見計らって売却すれば、その差額分だけ私たちの利益になるというわけです。

株式に特化している
資産運用セミナー
BEST5はこちら

株式投資のリスクとリターン

リスクを知ることが上手な運用法への第一歩

株式は価格が変動する金融商品ですから、少なからずリスクは伴います。ただし、リスクの内容を知り、その対応策としての知識をしっかり身につければ、リスクを減らして上手に資産運用できるようになります。

値下がりリスク

値下がりリスクとは、株価が下がった場合のリスクのこと。株式の価格は、株式市場が稼働している時間に変動するため、上がることもありますし下がることもあります。購入時の株価よりも低い金額のときに売却をすると、損をするということになります。株式には元本保証がないので、もっとも代表的なリスクと言えるでしょう。

倒産リスク

倒産リスクとは、株式の発行元である企業が倒産するリスクのこと。企業が思ったように利益をあげられず、株式市場での取引が廃止となってしまうと(しまい上場)、保有している株の価値はゼロ、もしくは二束三文となります。企業が絶対に倒産しないという保証はないため、銘柄選びは慎重に行いましょう。

流動性リスク

流動性リスクとは、株式をスムーズに換金できるかどうかのリスクです。取引が活発でない銘柄を選ぶと、買い手が現れなくてなかなか売れなかったり、最終的には買値よりも低い値段で手放さなくてはならなくなります。売却できなければ株は現金化されないため、注意が必要です。

無配リスク

インカムゲインのリスクで、企業の業績が振るわず配当金が出ないリスクを指します。どんなに順調な企業でも、急に業績が悪化する可能性があるため、株式投資の利益を配当金ばかりに頼るのは少々不安が残りそうです。株式投資を行うなら、狙うのはキャピタルゲインとし、インカムゲインは「おまけ」というニュアンスで捉えた方がよいでしょう。

正しい運用で、大きなリターンを狙える

株式投資のメリットには、キャピタルゲインとインカムゲイン(配当金・株主優待)が挙げられます。

売却差額・キャピタルゲインを得られる

株式投資の1番のメリットは、キャピタルゲイン(売却益)を得られることです。キャピタルゲインは、保有している株式の価値が上がったときに売却することで得ることができます。つまり、10万円で購入した株式が15万円になったときに売却すれば、差額の5万円がキャピタルゲインとなるわけです。購入時の価格と売却時の価格差が大きいほど、リターンが大きくなるというわけです。また、売却によって損をしてしまった場合のことをキャピタルロスと言います。

ちなみに、定期預金であれば5年間お金を預けても0.015%ほどの金利しかつきませんが、株式であればたったの1日で株価が数パーセント上昇することもあります。上手に運用すれば大きな利益を得られるというのが、株式投資のメリットと言えるでしょう。

配当金を得られる

株式投資で得られる利益には、インカムゲインもあります。株式のインカムゲインの1つは「配当金」で、これは企業のあげた利益に応じて株主に支払われる分配金のこと。保有株数によってその金額は変化します。株式を持っている間は継続してもらえる収入で、その利率は2%以上あれば高配当だと言われています。なかには配当利回りが5%近い銘柄もあるため、インカムゲインを狙うなら購入を検討してみても良いでしょう。

バラエティ豊富な株主優待を受けられる

株主になると、保有数に応じて株主優待を受け取ることができます。この株主優待は企業によって内容が異なりますが、人気があるのは食品(お米など)・施設や店舗で使用できる割引券・商品券・映画のチケットなど。上場している企業のおよそ3割が優待制度を設けており、なかには長期保有株主優待制度というものもあります。最近では、株主優待の内容を銘柄選びの指標にする人も少なくないようです。

株式投資はキャピタルゲインを重視

会社の業績が思わしくないケースなど、配当金0も珍しくありません。株式投資で利益を得ると考えるなら、キャピタルゲインをメインにし、インカムゲインはあくまで副産物と割り切って投資した方がいいかもしれません。

ただし、キャピタルゲインで一定の利益をあげ続けるのはなかなか難しいものです。初心者が何の知識もなしに飛び込むと大損をする恐れもあるため、まずは書籍で勉強するか、専門のセミナーで知識・スキルを身につけた方が良いでしょう。