【FP監修】2019年絶対行くべき資産運用セミナー

【FP監修】2019年"絶対行くべき"資産運用セミナー » おすすめの資産運用はどれ?初心者のための金融商品wiki » 債券(国債)

債券(国債)

債券(国債)の仕組み

アメリカ・ドイツなど、世界の国々で債券は発行されていますが、国内で国債といえば「日本国債」を指します。国債を購入するということは「国へ投資すること」で、日本国は購入者から借金をしているということになります。

借金づけの日本政府ではありますが、財政が完全に破たんする可能性は限りなく低いため、信頼性の高い安全な投資先と言えるでしょう。

ちなみに、国債は現在ペーパーレス化しているため、紙券自体の発行はありません。金融機関での口座等で管理されているので、紛失や焼失、盗難といった恐れもなく、誰も安心して投資できます。

発行時の額面と満期時の額面の差が利益となる

国債にはいくつか種類があり、「利付国債」「割引国債」などの名前を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

利付国債は満期に額面金額が戻され、半年ごとに利子を受け取ることができる国債。満期は2年・5年・10年で固定金利となっており、普通預金よりも高い金利となっています。

これに対し、割引国債には利子の支払いはありません。ただし、発行時の額面と満期時の額面の差額を受け取ることができ、これが利益となります。

債券(国債)のリスクとリターン

リターン:ほかの金融商品と比べると低い

超低金利時代の日本では、国債の金利も同じく低いものとなっています。株式投資などに比べると利回りが低く、大きなリターンは見込めないでしょう。非常に可能性の低い話ではありますが、国が破たんした場合は元本の保証がありません。また、個人向け債権は、発行されてから1年が経過しないと解約不可能。急に現金化が必要になったときなどは、不便が生じます。

リスク:低リスクで確実な投資先

国債のメリットの1つとして挙げられるのが、「非常に安全で信頼できる投資先」であるということ。元本と利息の支払いは日本政府が保証しているため、投資の初心者でもトライしやすい運用法と言えるでしょう。また、普通預金・定期預金に比べると金利は高め。最低金利は0.05%となっており、これは金利が大幅に低下しても保障されるものです。ちなみに、金融機関の定期預金(5年)の金利は0.015%ほどとなっているため、それに比べたら金利は高め。大きなリターンはないですが、堅実な投資先です。

※http://www.nikkin.co.jp/kinri/average/(定期預金金利参考)

このページ下部で、あなたの目的やライフスタイルにあった資産運用がわかるチェックリストがありますので、ぜひ活用してください。質問は3つのみです!

また、以下のページでは、おすすめセミナーを紹介しています。

おすすめの資産運用セミナーはこちら

執筆:関本深雪
(ファイナンシャルプランナー)
関本深雪氏(ファイナンシャルプランナー)の写真

FP。トータルリスクコンサルタント。東京在住。銀行・保険会社勤務を経て現職。生命保険、損害保険の営業に従事。現在は将来の生きるお金の使い方や貯め方、相続対策、企業・個人事業主向け税金対策などの相談に対応。

公式ホームページ:https://lifedesign-fp.com/

あなたにベスト
資産運用をチェック