初心者にやさしい資産運用セミナーBEST5

資産運用初心者のための投資入門ガイド

TOP » おすすめの資産運用はどれ?初心者のための金融商品wiki » オフショア投資

オフショア投資

これからオフショア投資を始めようと思っている方のために、オフショア投資の基礎を徹底解説していきます。

オフショア投資の仕組み

オフショア投資とは、税率が低い・金融規制が緩いといった特徴を持つ「租税回避地(特別金融区・タックスヘイブン)」で投資を行うこと。単に「オフショア」と言ったり、「タックス・ヘイブン」とも言われますが、ほぼ同義の投資用語として使用されています。

オフショア投資先の国・地域としては、ヨーロッパだとスイス・ルクセンブルク・ベルギーや英国王室属領のマン島。アジアではシンガポール・香港、オセアニアではニュージーランド・オーストラリアなどが挙げられます。ただし、厳しいマネーロンダリング取り締まりの規制で、オフショアを利用するには法人設立が不可欠となってきています。

複利効果で大きな利益を狙える

オフショア投資の魅力となっているのが、国内では考えられないほどの金融商品があるということ。しかも、ハイリターンな商品も数多く存在します。

主にオフショア投資で利用されているのは、海外投資信託。日本では1ヶ月に1度分配金が支払われる「毎月配当型」となっていますが、海外投資信託は「自動再投資型」が大半。これは、毎月発生する分配金を自動的に投資へあてるというもので、再投資したお金にも元本にも利益が発生します。運用の利益には税金がかからず、手数料も発生しないのがメリット。時間の経過とともに、複利効果を狙える投資法です。

初心者におすすめは?
人気の金融商品をCHECK

オフショア投資のリスクとリターン

リスク:為替の変動と言語に注意

オフショア投資の金融商品は、その多くが米ドルでの運用となっています。支払い・受け取り共に米ドルとなるため、為替の変動による影響は避けられないでしょう。また、言語リスクもオフショア投資のデメリット。金融商品の説明書きや契約書は英語で書かれているため、その内容をきちんと理解するのはなかなか困難。一般英会話では使われないような専門用語も多いので、非常にハードルが高いと言えます。

リターン:投資で発生した利益に税金がかからない!

オフショア投資のメリットといえば、税率面での優遇措置を受けられるということでしょう。オフショア投資先の国・地域のほとんどが、インカムゲイン税・キャピタルゲイン税を0%(もしくは非常に低い%)としているのです。つまり、資産運用で発生した利益に税金がかからないということ。非課税の利益を再投資することもできますし、国際分散投資も可能です。また、平均利回りが年20%以上など、日本国内では見当たらないような金融商品を選べるのも大きなメリットです。