初心者にやさしい資産運用セミナーBEST5

資産運用初心者のための投資入門ガイド

TOP » おすすめの資産運用はどれ?初心者のための金融商品wiki » 保険・個人年金

保険・個人年金

初心者向けの資産運用方法として人気の高い、個人年金保険について解説しています。

保険・個人年金の仕組み

数多くある保険商品のなかでも、資産運用として注目されている個人年金。個人年金保険とも呼ばれており、これは積み立てたお金を一定の年齢(60歳・65歳など)から受け取ることのできる貯蓄タイプの保険となります。誰もが不安に思う老後の生活資金を貯めていく方法としては、非常にオーソドックスなもの。生命保険のように健康状態・過去の病歴などを告知する必要がないため、持病や障害があっても加入できる場合があります。

積み立てたお金を年金として受け取れる

個人年金保険には、「定額個人年金保険」「変額個人年金保険」があります。定額個人年金保険は、加入の時点で受け取れる年金額が決まっているもの。契約した時点の利率で満期まで運用するため、利率の上下に関わらず一定の年金を受け取れます。変額個人年金保険とは、株式(国内・海外)や債券の運用実績によって、年金額が変動するもの。実績によっては受け取れる年金の額が増えることもある、積極的な運用方法です。

初心者におすすめは?
人気の金融商品をCHECK

個人年金保険のリスクとリターン

リスク:元本割れと途中解約に注意しましょう

変額個人年金保険の場合、運用状況が芳しくないと、元本割れをする恐れがあります。元本割れになると、支払った金額よりも受け取れる年金額の方が少なくなってしまうため、リスクを考えて利用するべきです。また、個人年金保険は途中解約にも注意。貯蓄型の保険なので解約払戻金が戻ってきますが、その額は支払った保険料を下回る可能性が大きくなります。とくに、加入して間もない時期の解約では払戻金がほとんどないこともあるため、気をつけるべきでしょう。

リターン:利回りの高さが魅力!

個人年金保険の利率は、普通預金・定期預金・国債などに比べると高いものとなっています。金利1%前後の商品もあるため、定期預金0.015%(5年)・国債の最低保証金利が0.05%と考えると、利回りの良い商品と言えるでしょう。また、個人年金保険には税制上の優遇があり、一定条件を満たせば所得から控除として差し引くことが可能。自動引き落としにすれば自動的に積み立てができるため、確実にお金を貯めたい・運用したいという方には大きなメリットとなるでしょう。