初心者にやさしい資産運用セミナーBEST5

資産運用初心者のための投資入門ガイド

TOP » おすすめの資産運用はどれ?初心者のための金融商品wiki » 純金積立

純金積立

初めての資産運用でも、リスクが少ないとされている純金積立。その仕組みについて解説しています。

純金積立の仕組み

純金積立とは、毎月一定の金額で純金(ゴールド)を購入・積み立てていく資産運用法。一部の銀行、証券会社、貴金属メーカーが純金積立のサービスを提供しています。一般的な金投資だと、地金を自宅・銀行などで保管する必要がありますが、純金積み立てはそのような手間はなし。純金積立で購入した金は、販売先が預かってくれるので安心です。預かってもらっている期間は、残高報告書・取引報告書などの書類で状況を把握することになります(販売先によっては書類の発行がない場合も)。

月額積み立て購入で、低リスクな運用が可能

純金積立の購入方法の基本となるのは、ドルコスト平均法です。これは、毎月の積立金(購入代)を一定額とし、継続して買い続ける投資手法。購入代金が一定なので、金の価格が高い日は「少量」を購入、安い日は「多量」の金を購入することになります。この方法だと金1gあたりの単価が安くなるため、効率よく購入・積み立てができるというわけです。金相場の動きを理解できたら、スポット購入で金を追加購入することもできます。

初心者におすすめは?
人気の金融商品をCHECK

純金積立のリスクとリターン

リスク:場合によっては元本割れの可能性がある

金の価格は変動するため、場合によっては元本割れをする可能性があります。満期になったとき、必ず利益が出るといった保証は得られません。株と違って配当金や優待もありませんし、利息がつかないのもデメリットの1つです。また、販売会社によっては購入手数料をタダにする代わりに、数千円程度の年会費が徴収されることも。年会費なしで購入手数料を取るところもあるので、どちらが得になるかよく考えた方が良いでしょう。

リターン:万が一の事態に強い普遍的な資産

金は、そのもの自体に価値がある普遍的なもの。万が一インフレ・有事(紛争など)で経済が混乱に陥った場合、価格に変動はあるでしょうが決して0円にはなりません。その点は、通貨・株式などと違う純金積み立ての強みでしょう。また、積立金は口座から自動的に引き落とされるため、お店に出向く・振り込むといった手間もなし。投資にかかる時間や手間を省いて、低リスクで資産運用したい方におすすめです。