【FP監修】2019年絶対行くべき資産運用セミナー

【FP監修】2019年"絶対行くべき"資産運用セミナー » おすすめの資産運用はどれ?初心者のための金融商品wiki » 不動産投資

不動産投資

不動産投資の特徴や仕組み

不動産投資とは、アパートやマンションなどの不動産を購入しそれを貸し出すことで、家賃収入(運用利益)を得たり、不動産を売却することで売却時の差額利益を得る運用方法です。

住宅だけでなく、オフィスビルや駐車場なども対象となります。最近は貸倉庫などの不動産投資も人気を集めていたり、さまざまなアイディア次第で大きく利益を作ることができる資産運用方法です。

不動産投資に必要なのは、もちろん収益用の物件(マンション・アパート・駐車場など)です。

不動産投資に関するリスク

不動産投資には実にさまざまなリスクがあります。もしかしたらこのリスクが不動産投資を難しく感じさせてしまう理由かもしれません。

ただ、リスクが多いように感じますが、物件選び、管理会社選びでリスクを大きく下げることができるのも現実。

空室リスク

物件を貸し出したい場合にはできるだけ避けたいのが空室になってしまうことです。

空室にならないような立地条件や周辺環境の良い物件選びをすること、周辺の相場に見合った家賃設定をすることなど柔軟に対応することが大切です。

家賃滞納リスク

せっかく借り手のついた不動産であっても、家賃滞納をするような借り手となってしまうと、それもまたリスクとなります。日本の法律では入居者側を守る面が強い部分があり、家賃滞納を続けられてしまってもなかなか出ていってもらうということが難しいところです。

借り手の方には過去に金銭トラブルなどはなかったかどうかなど、貸出し前の事前の確認はとても大切になります。個人でやるには限界がありますので、信頼できる管理会社にお願いするのがいいでしょう。

物件価格の下落リスク

不動産は基本的には時間と共に価値が下がるものです。

単純に物件そのものの経過劣化に起因するものはありますが、その他にもさまざまな要因で物件価値は決まってきます。

物件価値を落とさないようにするためには、物件自体立地的に利便性の高い物件であることに加え、管理が行き届いているということも重要になります。逆に管理が行き届かず物件を良好な状態で保つことができなければ物件の価値は下がり、物件収益力も低下していきます。

家賃下落のリスク

不動産は基本的には時間が経てば価値が下がっていくものですので、家賃に関しても同じように10年、20年と経った物件であれば時間とともに下がっていきます。見込める収入源となる家賃価格を落とさざるを得なくなります。

金利上昇リスク

不動産は多くの場合ローンを組んで購入するかと思いますが、そのローンを変動金利で設定される場合には金利が上がったときには返済額も増える形になります。

現在の金利でギリギリの返済計画にしてしまうと金利が上がった場合に対応できなくなってしまうこともありますので、余裕を持った計画を立てておくことや、家賃収入は初めの数年間は繰り上げ返済に充てるなど事前の対策が必要になります。

地震や火災などの災害リスク

地震などの災害は避けられないリスクかもしれません。それでも事前にできる回避方法として、地盤のしっかりした土地であることやハザードマップによる確認、また建物構造が耐震耐火構造の物件を選ぶなどといったことは最低限できることです。

また万が一物件が被害に遭った場合に備え、地震保険や火災保険への加入もきちんとしておくことで被害額を抑えることができます。

管理会社の倒産リスク

物件価値を良好に保つために管理を行き届かせておくことは不動産投資には大事なことですので、不動産管理を依頼する管理会社が良好な会社かどうかということはとても重要なことになります。

不動産によって物件管理と合わせて家賃管理も一緒に行ってもらう場合であれば、管理会社の経営状態というものはさらに重要になります。

不動産投資がオススメなのは、
こんな人

しっかりと価値の下がりにくそうな良い物件を見つけることができ、不動産収入の仕組みを作ることができれば、安定した収入を得ることができるようになります。

定期的な不労所得を作っておきたいという人や、掘り出し物を見つけることが好きな人、人とは少し違ったことが好きな人もぜひ試してみてほしいところ。

またアイディア次第で大きく利益を作ることもできるので、オリジナルの投資の面白さを追求するのもいいでしょう。

資産運用には知識が必要です

資産運用に関する知識は独学でも学ぶことはできますが、短期間で実践的な知識を身につけるなら現場を知っているプロに教えてもらうのが一番の近道。1人で情報収集して試行錯誤するより、短い時間で「使えるスキル」を身につけられます。

もちろん多少投資でお金を増やせるスキルがある方は、上級者向けのマネーセミナーで学んで、さらに運用の知識を高めていくのもおすすめです。より効率のよい運用方法や克服するべき自分の弱点、新たな投資法が見つかるなどで、ワンランク上の資産運用ができるようになります。

このページ下部で、あなたの目的やライフスタイルにあった資産運用がわかるチェックリストがありますので、ぜひ活用してください。質問は3つのみです!

また、以下のページでは、おすすめセミナーを紹介しています。

おすすめの資産運用セミナーはこちら

執筆:関本深雪
(ファイナンシャルプランナー)
関本深雪氏(ファイナンシャルプランナー)の写真

FP。トータルリスクコンサルタント。東京在住。銀行・保険会社勤務を経て現職。生命保険、損害保険の営業に従事。現在は将来の生きるお金の使い方や貯め方、相続対策、企業・個人事業主向け税金対策などの相談に対応。

公式ホームページ:https://lifedesign-fp.com/

あなたにベスト
資産運用をチェック!