【FP監修】2020年絶対行くべき資産運用セミナー

【FP監修】2020年"絶対行くべき"資産運用セミナー » おすすめの資産運用はどれ?初心者のための金融商品wiki » 商品先物取引

商品先物取引

  

商品先物取引の特徴や仕組み

商品先物取引とは、金やプラチナ、トウモロコシなどの現物商品について、「決められた期日にこの値段で買います」という約束を売買する取引のこと。実際の商品を取引するのではなく、あくまでも「この日にこの値段で買います」という目に見えない「約束」を取引するのが、商品先物取引の特徴です。「買います」という約束だけではなく、「売ります」という約束も取引することが可能です。

約束を取引する、と聞くと、何だか理解がややこしくなるかもしれません。より簡単に理解したいという方は、「よりリスクが高くなった株式取引」と考えておいても良いでしょう。

買いからでも売りからでも投資をスタートできる点や、入金した資金よりも高い金額で運用できる点など、「株式の信用取引」に似ている面もあります。以下、商品先物取引の主なメリットを確認しておきましょう。

レバレッジを効かせた運用をすることができる

たとえば100万円の株を買う場合、証券会社の口座に100万円を入金しなければ買うことはできません。それに対して商品先物取引の場合、実際に100万円も入金しなくとも、100万円分の取引をすることが可能です。この投資効率のことを「レバレッジ効果」と言います。

レバレッジとは「てこ」のこと。小さな力で重たいものを動かす「てこ」の原理にならい、商品先物取引における投資効率が「レバレッジ効果」と名づけられました。

たとえば、10万円の資金にレバレッジを効かせ、100万円分の商品を買ったと仮定します。購入後、価格が3%値上がりしたところで売却すると、利益は3万円。10万円の資金に対し、実に30%もの利益率を実現したことになります。

買いから入ることも売りから入ることもできる

株式や投資信託、債券、不動産などの一般的な投資は、基本的に「買ったものを売る」という投資法です。買ったものが値上がりすれば利益が出る一方で、買ったものが値下がりすれば損失が出ます。

もちろん商品先物取引においても、「買ったものを売る」という投資法は可能です。それに加えて商品先物取引では、「売ったものを買う」という逆の順番の投資法も可能。順番が逆になることから、利益の仕組みもまったく逆になります。すなわち、売ったものが値下がりすれば利益が出る一方、売ったものが値上がりすれば損失が出ます。株式における「信用取引」と同様の運用形態です。

短期間で大きな利益を得られることがある

株式に比べると商品先物はハイリスクと言われますが、その理由のひとつとして挙げられるのが「値動きが激しい」ということ。中でも特に原油や灯油などの値動きのスピードや幅は、まったく株式の比ではありません。ここにレバレッジをきかせた取引をすれば、わずかな時間で大きな利益を得られることもあります。この「わずかな時間で大きな利益を得られる可能性」が、商品先物取引の最大の魅力かもしれません。

ただし、いかなる投資であれ、リスクとリターンは同じ程度。ハイリターンが期待できる商品先物取引だからこそ、常にハイリスクに晒されていることも理解して運用しなければなりません。

商品先物取引に関するリスク

商品先物取引は、元本保証の投資法ではありません。値下がりして損をするリスクはもとより、投資資金を超える損失を被るリスクもあるため、十分なリスク管理のもとで運用すべきでしょう。以下、商品先物取引における主なリスクについて確認してみます。

価格変動リスク

他の大半の投資と同様に、商品先物取引においても、価格は常に変動しています。商品を買った直後から値下がりすることもあれば、逆に値上がりすることもあります。一般に、株式相場よりも商品先物相場のほうが価格変動幅は大きいとされています。

レバレッジリスク

たとえば2倍のレバレッジをかけて投資をした場合、利益率も損失率も2倍になります。よって、万が一買った商品が値下がりすれば、想定以上に損失が膨らむ可能性があります。差し入れた証拠金を上回る損失リスクがあることも理解しておかなければなりません。

追証リスク

買った商品が値下がりして評価損が膨らんだ場合、差し入れている証拠金だけでは取引続行が困難になることがあります。その場合、反対売買して決済するか(損失確定)、もしくは、追加証拠金(追証)というお金を差し入れるか、投資家はどちらかを選択することになります。

流動性リスク

商品市場をとりまく様々な事情により、思ったほど商品の取引がなされないことがあります。この状態を「流動性が低下する」と言います。流動性が低下すると「売りたいのに売れない」「買いたいのに買えない」という状況にもなりかねず、その影響により思わぬ損失を被ることがあります。

自動決済リスク

先物市場で流通している商品には、取引に期限があります。「この日までに反対売買をして決済してください」というルールです。もし決済せずに期日を迎えてしまうと、自動的に決済される仕組みです。株式投資とは違い「含み損がなくなるまで株を塩漬けにしておく」「もっと値上がりするまで保有し続けよう」ということが、商品先物取引ではできません。

システム障害リスク

仲介会社のシステムに障害が生じたり、または、東京商品取引所などのシステムに障害が生じたりすることで、以後、しばらく取引することが困難になることがあります。取引が困難になった場合、決済できない状態のまま損失を膨らませてしまう恐れがあります。数年に一度程度の頻度で実際に発生するトラブルです。

信用リスク

仲介会社の経営破綻等により、保有中の商品が自動決済されたり、または他社に自動移管されたりするリスク。差し入れた証拠金は第三者機関において分別保管されているので、仲介会社の経営破綻と同時に証拠金が消えることはありません。

商品先物取引がオススメなのは、こんな人

大前提ですが、商品先物取引は資金に余裕のある人しか手を出すべきではありません。なぜならば、投資元本以上の損失を被る恐れがあるからです。

たとえば株式投資の場合、100万円のお金に対して最大100万円の損失までしか生じません。それに対して商品先物取引の場合、100万円のお金に対して200万円でも300万円でも損失が生じることがあります。

追加入金の余裕がない人は、損失が膨らむ前に決済してしまうか、もしくは借金等によって追加資金を入金しなければなりません。よって商品先物取引は、資金的に余裕のある人か、もしくは少額で取引を楽しみたい人がやるべき投資でしょう。

大きな損失を覚悟しつつ大きな利益を目指したい人にとっては、魅力のある投資法になるのではないでしょうか?

資産運用には知識が必要です

資産運用に関する知識は独学でも学ぶことはできますが、短期間で実践的な知識を身につけるなら現場を知っているプロに教えてもらうのが一番の近道。1人で情報収集して試行錯誤するより、短い時間で「使えるスキル」を身につけられます。

もちろん多少投資でお金を増やせるスキルがある方は、上級者向けのマネーセミナーで学んで、さらに運用の知識を高めていくのもおすすめです。より効率のよい運用方法や克服するべき自分の弱点、新たな投資法が見つかるなどで、ワンランク上の資産運用ができるようになります。

このページ下部で、あなたの目的やライフスタイルにあった資産運用がわかるチェックリストがありますので、ぜひ活用してください。質問は3つのみです!

また、以下のページでは、おすすめセミナーを紹介しています。

おすすめの資産運用セミナーはこちら

あなたにベスト
資産運用をチェック
この記事のURLをコピーする
B!ブックマーク Twitter Facebook LINE