【FP監修】2020年絶対行くべき資産運用セミナー

【FP監修】2020年"絶対行くべき"資産運用セミナー » おすすめの資産運用はどれ?初心者のための金融商品wiki » 仮想通貨

仮想通貨

  

仮想通貨の特徴や仕組み

仮想通貨とは

仮想通貨とは、お札やコインなどのような実体をともなわないお金のこと。実体がない以上、普通の通貨とは異なり、銀行やコンビニのATMから現金をおろすことはできません。ひたすら、デジタルデータのみで存在する通貨です。

また普通の通貨とは異なり、国が発行しているものではないことも仮想通貨の特徴。たとえば円は日本という国が発行している通貨で、米ドルはアメリカという国が発行している通貨ですが、仮想通貨には国がいっさい関わっていません。国が関与しない通貨という点は、仮想通貨の大きな特徴です。

仮想通貨にはたくさんの種類がある

有名なビットコインをはじめ、仮想通貨にはたくさんの種類があります。世界中で2,000種類以上もの仮想通貨が発行されているとも言われますが、日に日に新たな仮想通貨が増えているため、その正確な数は把握されていません。

有名な仮想通貨の例

ビットコイン/リップル/イーサリアム/イーサリアムクラシック/リスク/ファクトム/ネム/ライトコイン/ビットコインキャッシュ

仮想通貨が資産運用の対象とされるワケ

仮想通貨には、買い物における決済機能があると同時に、その通貨の需給バランスの影響による値動きがあります。「その仮想通貨には将来性がある」と思う人が増えれば増えるほど値上がりし、「その仮想通貨には将来性がない」と思う人が増えれば増えるほど値下がりします。やや乱暴な解釈かもしれませんが、簡単に言えば株式投資と同じようなもの。だからこそ仮想通貨は、世界中で資産運用に利用されています。

仮想通貨のメリット

仮想通貨は、通常の買い物の決済手段として用いることができます。その一方で、値動きがあることから、仮想通貨は資産運用の対象にもなっています。以下、資産運用の対象としての仮想通貨に関する主なメリットを確認してみましょう。

少額から資産運用ができる

株式やFX、商品先物などの最低取引金額は数万円から数十万円ですが、一方で仮想通貨の最低取引金額は、わずか数百円程度。どんな人でもすぐに始められるハードルの低さが、仮想通貨の魅力のひとつでもあります。

最初は少額で練習を続け、慣れてきてから資金を追加投入する、という投資家も多いようです。

24時間365日、いつでも取引ができる

株式は、原則として平日の日中しか取引をすることができません。FXは日曜日に取引できないことが一般的です。それに対して仮想通貨は、24時間365日、いつでも取引をすることが可能。普段は仕事で忙しい方でも、仮想通貨なら夜間や休日を利用して取引をすることができます。

初心者でも比較的利益を出しやすい

あくまでも株式やFX、商品先物取引に比べた場合での話ですが、仮想通貨市場にはプロの投資家が少ないとされています。よって値動きのパターンが分かりやすいこともあるため、初心者でも比較的利益を出しやすい、と言われることがあります。

ただし今後、機関投資家が本格的に取引に参入してくれば、市場の状況は大きく変わってくることでしょう。

値下がりしても利益を出すことができる

仮想通貨の運用は、買いから入ることも売りから入ることも可能。買いから入った場合には、通貨が値上がりすれば利益が出ます。売りから入った場合には、通貨が値下がりすれば利益が出ます。通貨の将来を予測し、どちらから入っても利益を狙える点が仮想通貨の魅力のひとつです。

仮想通貨に関するリスク

仮想通貨による投資は、元本が保証されていません。よって、もし仮想通貨で資産運用をするのであれば、元本割れをするリスクも承知しておきましょう。以下、仮想通貨投資における主なリスクを4つ見てみましょう。

価格変動リスク

株式や商品先物、FXなどと同じく、仮想通貨にも価格変動リスクがあります。価格の変動幅や変動スピードは株よりも上と言われているので、利益を上げるにも損失を限定するにも、素早い判断が必要とされるでしょう。

また、株式市場とは異なり、仮想通貨には「ストップ安」「ストップ高」というシステムがありません。つまり、際限なくどこまでも値下がりや値上がりを続ける可能性があるため、短期間で大きな損失(または利益)を出す恐れがあります。

流動性リスク

株式やFXなどに比べると、仮想通貨で資産運用をしているトレーダーは、かなり少なめです。そのため、「この価格で買いたい」「この価格で売りたい」と考えても、状況によってはスムーズに売買が成立しないこともあります。

また、市場参加者が少ない以上、一部の資産家が大きな資金を投入した際、その通貨の価格が大きく動いてしまうことがあります。

これら市場参加者が少ないために生じる各種のリスクを、流動性リスクと言います。

セキュリティリスク

2011年、東京に本社を置く仮想通貨取引所「マウントゴックス」がハッキングされ、ビットコインが大暴落する事件が発生。同社で取引されているビットコインの名目価格が、ハッカーによる操作によってわずか1セントにまで下げられました。

その後、同社は立て直しを図ったものの、2014年にもハッキング被害を受けるなどして破産。一連の騒動によって生じた投資家の損失は、2019年現在まで補填されていません。

なお、メールアドレスとパスワードのみで口座にログインできる取引所の仕組みも、セキュリティ上でのリスクとして問題視されています。

制度的リスク

仮想通貨をどのようなものとして取り扱うかは、それぞれの国の判断に委ねられています。現状、従来の通貨の考え方を根本的に変える仮想通貨に対し、世界各国の目は厳しいと言わざるをえません。

2017年、中国政府は仮想通貨の取引を強く制限することにしました。2018年、G20財務大臣・中央銀行総裁会議においては、仮想通貨の「監視」が求められています。

今後、制度の変更や新設により、仮想通貨の取引に制限がかかる可能性もあるでしょう。

仮想通貨がオススメなのは、こんな人

仮想通貨の価格は、突発的に大きく乱高下することがあります。どのようなときでもパニックになることなく、かつ損失を許容できる姿勢が、仮想通貨の投資家としての大前提と言えるでしょう。

感情や焦りを排除し、ひたすら機械的に取引をできる強い精神力を持つ人にこそ、仮想通貨取引は向いていると言えます。

資産運用には知識が必要です

資産運用に関する知識は独学でも学ぶことはできますが、短期間で実践的な知識を身につけるなら現場を知っているプロに教えてもらうのが一番の近道。1人で情報収集して試行錯誤するより、短い時間で「使えるスキル」を身につけられます。

もちろん多少投資でお金を増やせるスキルがある方は、上級者向けのマネーセミナーで学んで、さらに運用の知識を高めていくのもおすすめです。より効率のよい運用方法や克服するべき自分の弱点、新たな投資法が見つかるなどで、ワンランク上の資産運用ができるようになります。

このページ下部で、あなたの目的やライフスタイルにあった資産運用がわかるチェックリストがありますので、ぜひ活用してください。質問は3つのみです!

また、以下のページでは、おすすめセミナーを紹介しています。

おすすめの資産運用セミナーはこちら

あなたにベスト
資産運用をチェック
この記事のURLをコピーする
B!ブックマーク Twitter Facebook LINE