初心者にやさしい資産運用セミナーBEST5

資産運用初心者のための投資入門ガイド

TOP » 金融リテラシー教育のメリットは資産運用に必要な知識の修得

金融リテラシー教育のメリットは資産運用に必要な知識の修得

ここ数年注目されているのが金融リテラシーという能力です。世の中の経済状況など判断するために必要な能力なのですが、実は資産運用を成功させるためにも身に着けておきたい能力だといわれています。そこで、資産運用を始める前にセミナーへ参加して、しっかりと金融リテラシーを高めておくメリットや、高めたからこそ活用できたリスク回避方法などを解説していきます。資産を消滅させるという資産運用最大の失敗を回避するためにも、しっかり金融リテラシーの必要性を把握しておきましょう。

金融リテラシー教育の必要性

資産運用を行う際にはセミナーなどを受講することが必須といわれており、セミナーに参加したかどうかで資産運用の結果にも大きく影響します。そこで、セミナーに参加し金融リテラシーを高めることのメリットなどを紹介します。

金融リテラシーの意味とは

資産運用を行うにあたって各種セミナーへ参加するのは、金融リテラシーを高めることができるからです。では、そもそも金融リテラシーとはどのような意味なのでしょうか?

金融リテラシーとは、簡単にいえば経済に関する知識を蓄え、さまざまな情報から現在の金融状況を判断できる能力のことです。以前までは専門家に任せていれば良いという考えが一般的でしたが、リーマンショックといった金融危機以降は、世界的に各企業でも重要視されるようになった能力です。

近年では、不動産投資や株式売買など個人でも行える資産運用が活発したことで、企業だけでなく個人でも重要な能力として注目が集まっています。特に、融資保証や架空請求などによる特殊詐欺、高額な配当金を掲げて出資金を募る投資詐欺などが多発していることもあり、資産運用だけでなく大切な資産をきちんと守るためにも身につけておくべき能力になりつつあります。

金融リテラシーを高めることのメリット

では、金融リテラシーを高めることでどのようなメリットがあるのでしょうか?先にも触れたように、まず詐欺による被害を避けることができるようになります。個人での資産運用が一般的になっていることで、高リターンを謳った投資内容の案内が自宅へ届くことがあります。ですが、詐欺目的の投資内容ではありえないほど高い水準のリターンが記載されています。

本来ならおかしいと思える内容でも、実際に担当者と話していると不思議と納得してしまい、契約を結び大切なお金を盗み取られてしまうのです。もし、同じような状況でもセミナーへ参加して金融リテラシーを高めておけば、記載されているリターンが正しいかどうかをきちんと判断することができます。その結果、詐欺の被害に遭う可能性は極めて低くなるでしょう。

さらに、現在の日本や世界の金融・経済状況を正しく判断できるようにあれば、どの資産運用の方法が安全になのかも判断できるようになります。すると、投資などで失敗する確率が低くなり、結果的に資産運用が成功するでしょう。

このように、安全な資産運用の方法を見極めることができ、かつ現実的な方法で資産運用が行えるため失敗するリスクを軽減できます。これが、セミナーなどに参加して金融リテラシーを高めることのメリットになっているのです。

知識の差による運用方法の違い

それでは、実際に金融リテラシーが高い人と低い人の知識の差による、運用方法やリスク回避方法の違いを説明していきます。

大きな利益を求めない

金融リテラシーが高い人ほど大きな利益を求めません。少しずつ利益を得ていき、結果的に資産の倍以上の利益を手に入れています。一方で、資産運用を行う場合、多くの人が考えることが「短期間でどれくらい資産が増えるのか」ということです。これは、どの方法でも当てはまり、短期間での利益が大きい方法ほど魅力的に感じてしまいます。

しかし、資産運用を行う場合、利益が大きいほどリスクも大きくなります。つまり、ハイリターンを求めるあまり、資産を全て失ってしまうということも珍しくないのです。そのため、金融リテラシーが高い人ほど少額の利益を何ヶ月、何年も継続して手に入れることで資産総額を増やしています。

また、1つの方法に多額の資金を投入すれば、それだけリターンは大きいですが、反対に損益が生まれた場合、それを取り戻すことができません。ですので、必ず複数の方法に少額ずつ投入し、損益が出ても他の方法でその分を補填するような運用を行っています。

このように、金融リテラシーの差が大きく資産運用の方法に現れます。そして、運用方法に差が生まれれば、当然その結果にも大きな影響を与えます。リスクを回避するだけでなく、しっかりと補填することも考え運用することが、金融リテラシーが高い人の資産運用の鉄則なのです。

運用前には情報を集める

知識が豊富な人ほど資産運用を行う場合、必ず情報を集めます。これは、その運用方法が現在の経済状況に合っているのか、実際の利益率との乖離はどれくらいなのかを、自分の力で判断するためです。

個人で行う資産運用の中には、他の人が考えた利益率や予想を基にして運用を行う方法があります。購入する株式の銘柄選びやマンション経営の利回りなどがその例です。しかし、自分が儲かる情報をわざわざ他人に教えるメリットは基本的にはありません。つまり、その情報を他人が参考にすることで、より自分へ大きな利益が生まれることが考えられるのです。

そのため、金融リテラシーが高い人ほど他人が作成したデータや情報を鵜呑みにせず、きちんと自分の力で判断して行動に移しています。その結果、情報収集が結果的にリスク回避に繋がり、資産運用の成功率アップにも繋がっているのです。

セミナーに参加すること自体が資産運用の練習

さて、セミナーに参加して金融リテラシーを高めることで、実際に資産運用を行った際のリスク回避や成功率アップを実現可能です。しかし、これから資産運用を始める人の中にはセミナーに参加することが不要だと思う人も多いでしょう。実際に、金融セミナーなどを謳った詐欺なども多発しているため、いきなり始めてもリスクは変わらないと思うのかもしれません。

ただ、有力なセミナーを見極めて参加することは、それ自体が実際の資産運用練習になっていることを忘れてはいけません。例えば、そのセミナーが詐欺目的のものかを判断するために情報収集してから参加をする。一見普通に見えますが、これは資産運用を行う前に情報収集を丁寧に行ってから行動へ移すことと同じ工程です。

つまり、利益に繋がるセミナーを見つけ出し参加することから、すでに資産運用の練習になっているのです。ですので、資産運用を行う前にセミナーに参加するという一手間を面倒に感じる場合、資産運用を始めても騙されたり失敗したりする可能性が高く、投資などに向いていないといえます。

目的のためにどれだけ時間を掛けて遠回りができるか。それが、資産運用のコツでもありますので、何度もセミナーへ参加して正しい知識と適切な判断力を十分に身につけてから資産運用への具体的な行動を始めましょう。