【FP監修】2020年絶対行くべき資産運用セミナー

【FP監修】2020年"絶対行くべき"資産運用セミナー » 初心者はここから勉強!不動産投資スターターガイド » 初心者からはじめる区分マンション投資

初心者からはじめる区分マンション投資

  

不動産投資でも購入価格帯が比較的低く始めやすいため、初心者にオススメしたいのが区分マンション投資です。

当サイトでは初心者が区分マンション投資で成功できるように、始める前にチェックしておきたい区分マンション投資の気を付けておくべき点、メリットやデメリットについてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

初心者区分マンション投資で気を付けること

区分マンション投資はアパートやマンションの1部屋を購入し、それを賃貸や売却することで投資資金を回収していきます。比較的リスクが低いのが区分マンション投資の特徴ですが、中には区分マンション投資の危険性を語る情報もあります。

特にマンション投資は物件選びが非常に大切です。利回りだけを重視するあまり、立地が悪く空室が目立ってしまい赤字経営になってしまうケースも。「ワンルームマンションかファミリーマンションか」「都市部か郊外か」など、投資対象の設定を含めた物件選びや管理会社の選定には十分に注意してください。

区分マンション投資のメリット

少額から始められる

区分マンション投資は一等マンション投資に比べると投資額は少ないです。ローンが利用できるので100万円程度の自己資金があれば都内中古ワンルームマンション投資がスタートできます。自己資金があまりないという方でも始めやすいというメリットがあります

リスクが低く、分散がしやすい

不動産投資は大きな資金が必要ですが、区分マンション投資であれば小額から始められるため低リスクです。信頼できる不動産業者に賃貸管理してもらうことで、長期的な副収入が得られます。また、家賃の値下がりや金利上昇などの影響も少ない点もメリットでしょう。

リスク分散もしやすく、同じ予算で区分マンションと一棟アパートに投資する場合、区分マンション投資はさまざまな物件に分散投資できます。一棟アパートに投資した場合、予期せぬ災害や近隣施設の移転で一棟すべてに影響を受けてしまいますが、区分マンションであれば1室だけです。

売買物件数が多い

区分マンション投資は一棟マンション投資に比べて物件数が多いので、自分の投資スタンスに合った物件を見つけやすいと言えます。また、元々不動産は流動性があまり高くないのですが、一棟買いに比べると区分所有は市場でも多く出回っているため売りやすいというメリットがあります。

区分マンション投資のデメリット

一棟マンション投資と比べて利回りが低い

少額から始められるのが区分マンション投資のメリットですが、初期投資額が少額であるがゆえに、リターンによる利益が少ないのがデメリット。部屋の管理費や修繕積み立ての費用も必要となるので、実質的な利回りが低くなってしまう場合があります。

空室リスクが高い

区分マンションは所有している部屋に入居者がいれば家賃収入がありますが、その一室が空室になった途端に収入がゼロになってしまいます。空室になってしまった場合でも次の入居者が決まりやすい物件を選んでおくことで空室リスクへの対処ができるでしょう。

管理が自分の思い通りにならない

区分所有の場合、マンションの修繕や改築などの権限が限定的になります。例えば家賃を勝手に値下げした場合、自分が所有している部屋だけでなく、マンションの部屋全体の家賃まで値下げせざるを得なくなるでしょう。他の所有者からのクレームを受ける恐れがあるため、状況に合わせて柔軟に運営・管理をするのが難しいのです。

2020年行くべき
不動産投資セミナーはコレ!

区分マンション投資を始める前にはセミナーに参加しよう

このように区分マンション投資にはメリット・デメリットの両方が存在します。物件選びはもちろん、自分に向いた投資が区分マンション投資であるのか、自分がやりたい投資スタイルにマッチしているのか知るためにまずはセミナーに参加することをおすすめします!

あなたにベスト
資産運用をチェック
この記事のURLをコピーする
B!ブックマーク Twitter Facebook LINE