【FP監修】2020年絶対行くべき資産運用セミナー

【FP監修】2020年"絶対行くべき"資産運用セミナー » 初心者はここから勉強!不動産投資スターターガイド » 初心者からはじめる一棟マンション投資

初心者からはじめる一棟マンション投資

  

不労所得を得たいと考えている方にオススメするのが一棟マンション投資です。最近ではサラリーマンでも一棟マンション投資で収入を得ている人が増えてきています。ただし、一棟マンション投資はハードルが高く事前に勉強していないと失敗してしまう可能性が高くなってしまいます。本サイトでは初心者一棟マンション投資についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

初心者一棟マンション投資で気を付けること

一棟マンション投資とは一棟のアパートやマンションを購入し、部屋を賃貸に出すことによって毎月の収入を得る不動産投資です。ほとんどの場合、一棟マンション投資は区分投資よりも元手が多くかかります。したがって、区分投資よりもリスクが大きくなりやすいので一棟投資を始める際には不動産投資に関連する知識を十分に備えておく必要があります。

初心者にとって一棟マンション投資はややハードルの高い投資です。物件購入だけでなく物件の管理や修繕などさまざまな知識が必要です。失敗しないためにもこれから一棟マンション投資のメリットとデメリットのポイントをご紹介します。

一棟マンション投資のメリット

利回りが高く、収入金額が大きい

一棟マンション投資は区分マンション物件に比べて1物件から家賃収入を得るため、収入が大きくなります。維持管理費や修繕積立金などの経費を考慮する必要があるので、この点は注意しましょう。

さらに一棟投資の特徴として、物件あたりの家賃収入の総額が大きいので、投資資金を回収するスピードが早くなりやすい傾向にあります。また、1室が空室となったとしても家賃収入がゼロにならないため、空室リスクを抑えられます。

自由に物件運営ができる

一棟物件を所有するため、大規模な修繕や回収などをオーナーである自分自身の意向で進められます。最近ではオートロックや宅配ボックスを設置している物件に人気が高まってきています。したがってこのような改装をすると建物の価値を保ちやすくなります。

区分所有でもリノベーションや改装を行えますが、建物全体となると区分所有者の思い通りにならないケースが多くなってしまいます。物件運営の自由度は一棟マンション投資の大きなメリットになるでしょう。

資産価値が高い

一棟所有では区分所有よりも多くの土地を所有します。したがって区分投資よりも資産価値が高く評価されるため、高額融資を受けられやすいのです。建物の価値は経年劣化により減少していきますが、土地の価格というのは下がりにくく、エリアによっては上昇する可能性もあります。土地所有を含めた高い資産価値は一棟マンション投資の大きなメリットです。

一棟マンション投資のデメリット

投資費用が高くなる

一棟マンション投資の一番のデメリットは投資資金が多額になることです。一棟マンションであれば1億円以上の投資額になるので、頭金として必要な初期費用も高くなります。所有するためのハードルは高くなってしまいます。

失敗時のリスクが大きい

これも投資費用が高くなるため、失敗した場合のリスクが区分投資に比べて高くなります。例えば、地震や火災などの災害に見舞われ、所有物件が倒壊するような状況だと投資においても大打撃です。家賃収入が得られないどころか、多額の修繕費用まで掛かってしまいます。一方で区分所有の場合は所持物件を分散させておけば1室の損害で済みます。

一棟投資は物件に対する空室リスクは抑えられるというメリットはありますが複数物件に投資するのが難しいため、災害に対するリスク分散が困難である点がデメリットです。

流動性が低い

一棟物件は投資額が大きいので手を出しづらいのが問題。不動産投資の出口戦略を考えたときに売却する際の時間が多く掛かってしまいます。売却資金を別の投資などに利用したくても、そのチャンスを逃してしまいやすくなるでしょう。

2020年行くべき
不動産投資セミナーはコレ!

一棟マンション投資を始める前にはセミナーに参加しよう

このように一棟マンション投資にはメリット・デメリットの両方が存在します。高利回りで物件運営の自由度が高いメリットがありますが、多額の投資資金が必要です。自分がやりたい投資スタイルにマッチしているのか知るためにまずはセミナーに参加することをおすすめします!

あなたにベスト
資産運用をチェック
B!ブックマーク Twitter Facebook LINE