【FP監修】2019年絶対行くべき資産運用セミナー

【FP監修】2019年"絶対行くべき"資産運用セミナー » 女性に資産運用がおすすめの理由 » 初心者必見!
資産運用ってどんなもの?どんな種類があるの?

初心者必見!
資産運用ってどんなもの?どんな種類があるの?

女性でも、「資産運用」という言葉を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。ただ、聞いたことはあるけれど実際何をするのかは理解していなかったり、難しそうで自分には到底縁のないものだと思っていませんか?ここでは、気になる資産運用についてお話します。

資産運用ってなにをすればいいの?

ただ貯めるだけでは増えない!
資産運用で貯蓄力アップ

たとえば、「老後を安心して暮らすためにお金を準備しておきたい」と考えたとき、あなたはどうやってお金を増やしますか?多数の人が、「銀行への預貯金」と答えるのではないでしょうか。
預貯金は損をするリスクがほぼない一般的な資産を守る方法ですが、デメリットとして「自分でお金を預け入れない限り金額が増えない」ということが挙げられます。 しかし資産運用では、自分の持っているお金を増やすことができます。もちろんリスクは存在しますが、ローリスク・ローリターンのものからハイリスク・ハイリターンのものまでさまざまな種類があり、資産運用のハードルは意外と低いのです。

「今は使わないお金」に働いてもらって
資産を増やす

資産運用では株式投資やFX、積立投資や不動産投資など、「今は使わないお金」に働いてもらい、利益を上げてお金を増やすことができます。利益が出る仕組みは種類によって異なりますが、一攫千金のように短い期間で大きく利益を上げるものもあれば、細々とでも着実に利益を積み上げていく方法があります。

注意しておくべきなのは、資産運用にまわすべきお金は「今は使わないお金」だということ。生活費などを注ぎ込んでしまってはいけません。今までは銀行の預貯金として眠らせていたお金を資産運用にまわすのがおすすめです。

投資ってリスクがあるから
手が出せないと思っていませんか

投資にリスクはつきもの。
でも「投資=危険」ではない

確かに投資にリスクはつきものです。投資のリスクといえば、「元本(がんぽん)割れ」。たとえば儲けるつもりで投資した自己資金が100万円だとして、投資に失敗すると80万円や60万円といった具合に減ってしまうことがあるのです。何もせずに100万円置いておいたら100万円のままですから、かなり損をしたことになりますね。しかし多少のリスクがあるからこそ、利益も期待できるといえます。

たとえば自己資金100万円が投資の成功によって150万円、200万円になることは珍しくありません。これが投資が注目を集めている理由です。しかし、 このことから「投資ってギャンブルみたい。ギャンブル=危険だから、手を出してはいけないのでは?」と考えている方も少なくないと思います。ですが「投資=危険」ではありません。リスクは伴うものの、知識と情報収集力を身につけることによって、自分にとってプラス作用するものなのです。

大切なのは期待できる見返りと
対策を見極めること

資産運用において大切なことは、知識をしっかりと身につけることです。ローリスク・ローリターンのものからハイリスク・ハイリターンのものまである資産運用の方法から、自分に合ったものを選び、「この投資は見返りが期待できるのか」「投資額に対して期待できる利益額は割に合うか」「リスクに対してどんな対策が立てられるか」を見極めなめればなりません。

資産運用の知識は本やインターネットなどでも得られますが、やはり正確で活きた知識を身につけるためにはセミナーなどの受講がおすすめです。

資産運用にはどんな種類があるの?

不動産投資

不動産投資は「不動産を購入して高く売れるタイミングで売る」方法と「不動産を購入して賃貸にだし、家賃収入で運用利益を得る」方法が一般的です。なかでも賃貸にだして家賃収入を得る方法は比較的安定した収入が得られ、不労所得として資産を増やせるうえ節税対策にもなるため人気です。

また「レバレッジ効果」を狙えば少ない自己資金で大きな収益をあげることもできるため、ミドルリスク・ミドルリターンの投資方法としておすすめです。しかしリスクがないわけではありませんので、しっかり知識をつけてから取り組みましょう。

預貯金や債券

「貯蓄を増やす」というとまず思い浮かぶのが預貯金でしょう。以前は銀行の預貯金も金利によってお金を増やすことが可能でしたが、近年の銀行金利は0.001%。驚くほど低いこの金利では、まとまった額を預け入れてもほとんど利益がありません。

また債券では、国家や企業が発行する有価証券を買うことでその金額を発行体に貸し付け、期日までに利子を得ながら収益をあげます。債券には償還日があり発行元が破綻しない限りはお金が戻ってくるため、リスクが少ない方法といえるでしょう。ただし金利は低めです。預貯金も債券も損をする可能性が非常に少ないものの、リターンもわずかしか期待できません。資産を増やすというよりは「資産を守る」といった意味合いが強い方法といえるでしょう。

株・FX

投資で儲ける、といえば株式投資やFXが思い浮かびますよね。会社の株式を購入して適切なタイミングで売買する株式投資や、2つの国の通貨を取引して差額で収益を上げるFX(外国為替証拠金取引)は、ハイリスク・ハイリターンの投資方法として人気があります。 うまく利益を上げられれば短期間で大きな収益を得ることができますが、失敗すると元本割れをおこし、大損をする可能性も。ハイリスク・ハイリターンな方法だけに、高い知識やスキルが必須の方法です。

投資信託

投資信託とは、複数の投資家から集めた資金を使って専門の投資家が投資で収益を上げる方法です。たとえばあなたを含めた複数人がそれぞれいくらかお金を出し、それをまとめた金額を使ってプロの投資家が大きな投資をおこないます。その結果利益がでれば出資額に応じて分配されます。ただもし投資に失敗してしまった場合にも出資した人たちに帰属しますので、元本保証はされません。

また、近年注目を集めている「NISA」や「つみたてNISA」が気になっている方も多いことでしょう。この2つの違いは「年間で投資できる額」や「投資できる先が異なる」こと。NISAは年間120万円まで国内・海外を問わず株式投資でき、投資信託もおこなえます。一方つみたてNISAでは年間40万円までの投資額に制限され、国が定めた基準を満たした投資信託にしか投資できません。つみたてNISAの方がより「地道にコツコツ」と投資するイメージといえます。

初心者はまずそれぞれの
違いをつかむところから

いかがでしたか?「資産運用にはますます興味が湧いたけれど、やっぱり不安」という方も多いことでしょう。資産運用で将来のお金を賢く増やしていくために、まずはとにかく知識をつけることをおすすめします。セミナーでは初心者や女性向けに基礎知識から教えてくれるものがたくさんありますので、探してみてはいかがでしょうか。

あなたにベスト
資産運用をチェック