初心者にやさしい資産運用セミナーBEST5

資産運用初心者のための投資入門ガイド

TOP » 初心者はここから勉強!株式投資スターターガイド

初心者はここから勉強!株式投資スターターガイド

ここでは、株式投資の初心者が知っておきたい取引の基本情報について説明しています。

これでバッチリ!
初心者が押さえておきたい株式投資の基礎知識

資産運用といえば「株式投資」と思い浮かべるほど、株式はポピュラーな運用方法。しかし、「名前だけは知っているけれど、その仕組みが分からない」「注文の仕方を知らない」「なんだか難しそう」といった気持ちが先立ち、行動できない方も多いようです。

ここでは、そんな初心者の方に知っておいてもらいたい株式投資の基礎知識を解説。順を追って読んでいけば、きっと株について理解できるはずです。

準備すること

口座開設

株式投資を始める第一ステップは、証券会社への口座開設です。証券会社には、インターネット上(パソコン・スマートフォンなど)のみで取引を行っている「ネット証券」と、実店舗で営業マンにさまざまな相談ができる「総合証券」があります。この2つはサポート体制・手数料などで異なる点があるため、自分に合った証券会社を選ぶことが大切です。

銘柄選び

株式市場で取引の対象となる株式を「銘柄(めいがら)」といいます。株式投資をする際には、まずこの銘柄を選ぶことが必要です。しかし、株が初めての方だとどの銘柄を選んだらいいか、分からないことがほとんどだと思います。ここでは、初心者向けの簡単な銘柄の選び方や、証券コードの探し方について解説していきます。

買い方と売り方

注文方法

株式投資をするには、購入したい銘柄を選び、注文をする必要があります。注文のステップは、銘柄選び→証券コードのチェック→希望購入数の決定→注文の有効期限の指定→確定という流れとなります。それぞれのステップごとに必要な作業・注意点をまとめていますので、ぜひ目を通してみてください。思ったよりも、難しいステップはないことが分かりますよ。

成行注文・指値注文とは?

株式を発注するための方法に、成行注文と指値注文というものがあります(なりゆきちゅうもん、さしねちゅうもんと読みます)。成行注文とは、「いくらでもいいので、この株を買いたい・売りたい」というときに使用する方法。指値注文とは、自分で決めた価格で株を売買する方法です。それぞれにメリット・デメリットがあるので、知識を踏まえて利用しましょう。

初心者におすすめの勉強方法

書籍から学ぶ

「これから株式投資をはじめよう」と思っている方のなかには、基礎知識を書籍で勉強し、身につけている方もいます。ここでは、とある主婦の方の体験談をご紹介します。

株の大失敗を反省し、書籍で猛勉強した主婦の話

岩崎美歩さんは、自身が専業主婦・夫は会社員という、ごく普通の家庭で生活している女性です。結婚当時、2人合わせて約3,000万円の蓄えがあり、結婚してから2年後に株式投資をスタート。その後、不動産・投資信託と、さまざまな方法に幅を広げていきました。しかし、株で失敗をし、そこから書籍を使って投資について猛勉強。20~30冊の書籍を読み、必要な知識を身につけていきました。その後は、「30代で1億円の資産を築いた主婦」としてメディアにも登場、成功を収めたのです。

書籍での勉強には時間と努力が必要ですが、何冊も読み込んでいくと、次第に株式の仕組み・投資への理解が深まっていきます。「失敗しやすいポイントはどこか」「負けないために必要なことは何か」といった知識は、書籍から見つかることも多いもの。難しいなどと敬遠せずに、まずは何冊かの本を読んでみることをおすすめします。

セミナーで学ぶ

初心者におすすめの勉強法として、セミナーに参加するという方法があります。セミナーでプロに学ぶことのメリットを、実際の体験談を交えて紹介していきます。

セミナー参加3ヶ月で、見事50%の利益を出した40代男性の話

投資歴10年で、「株はリスクが大きいから」という理由で避けてきた、40代自営業のSさん。トレード経験がほとんどなく、銘柄選びが難しいと思っていましたが、入って3ヶ月のセミナーで教わった安全圏の銘柄を習ったとおりに購入してみたところ、投資した資金の50%の利益を獲得。売却ポイントも難しい株取引ですが、セミナー講師に電話で相談しつつ進めたことで、成功を収めました。

初心者から始めて、銘柄選びを習得したサラリーマンの話

30代会社員のIさんは、初級セミナーを修了後に、レベルアップを目指して上級へ進学。株式投資で必要となる、銘柄の選び方・仕掛けの大切さをしっかりと教えてもらったことで、勝率と利益が大幅にアップ。とある銘柄を底値で購入し、2ヶ月ほどかけて10%以上の利益を出せたそうです。

世の中には、初心者向けから上級者向けまで、レベルに合わせたセミナーが数多く開催されています。セミナーでは、これまで知らなかった株式投資に関する新たな知識を得ることができますし、銘柄選び・購入のポイントといった実践的なスキルを、現役で活躍する講師から学ぶことができるのです。

書籍だと情報にタイムラグが発生することもありますが、セミナーであれば時代の動きに沿った新鮮な情報を聞くことができます。そういった部分でも、最初に学ぶ場所としてセミナーはおすすめであると言えるでしょう。

株初心者におすすめの
資産運用セミナー
BEST5はこちら

初心者の注意すべき心がけ

曖昧な目標は失敗のもと、具体的な目標設定を!

初めて株式投資をはじめる場合、最初に「目標を設定する」ことが非常に重要となります。
この場合の目標とは、「何歳までに〇〇円貯める」「元手となる資金を、10年で5倍に増やしたい」など。具体的な目標を決めておかないと、どの程度のリスクまで許容するか・達成させるための手段選びが曖昧になり、行動が迷子になってしまうからです。

株式投資をはじめとする資産運用には、多かれ少なかれリスクがつきもの。冷静な分析力が必要な株式投資において、行動がブレるということは、大きな損失につながる恐れがあるということなのです。

目標というゴールが定まれば、そこにたどり着くまでのルートを逆算できるようになり、達成に最適な手段を見つけられるようになるでしょう。

利益を欲張らないことが大切!

「株を使って、短期間で大儲けしたい」などと考える方も多いですが、株で稼ぎたいなら「欲張らないこと」が大切です。
欲をかくと、「負けた分を早く取り返したい」「もっとお金を増やしたい」という気持ちから、冷静な判断ができなくなるケースがほとんど。感情まかせのトレードに走った結果、株で失敗してしまうという方も少なくありません。

株で確実に利益をあげたいなら、自分なりの「売りの基準」を決めておきましょう。これは、自分で決めた目標を達成したら欲張らず、そこですぐに売ってしまうという方法。

株が値上がりすると「もっと上がるかも」などという欲が顔を出しますが、そこを押さえて冷静な取引ができるかどうかが、株で成功するためのヒケツと言ってもよいでしょう。