初心者にやさしい資産運用セミナーBEST5

資産運用初心者のための投資入門ガイド

TOP » 資産運用初心者のためのベストマニュアル » 情報収集のやり方

情報収集のやり方

大切な資産を賢く運用するには、なんといっても情報収集が不可欠です。資産運用や投資にかんする情報収集についてまとめてみました。

信頼性の高い情報源を確保しよう

ネットを除けば、資産運用関連の情報がわんさか得られる現在ですが、逆に情報量が多すぎて「どれを見ればいいのかわからない」という状況も発生しがちです。また、なかには正確性を欠いた情報もないとはいえないので、そのあたりもしっかりと見極める必要があるでしょう。

ですが、情報収集といっても、プロの投資家とは違って私たちにできることには限度があります。そのなかでもおすすめの方法は、次のとおり。

  • 経済関連の新聞
    国内だけでなく、世界の情勢を掴んでおきましょう。
  • 政府のHP
    日本銀行や財務省など政府のHPは、信憑性の高い確かな情報源となります。
  • TVニュース
    CSなどの経済専門チャンネルなら尚良いでしょう。
  • 投資レポート
    アセスメント会社などが発行している情報です。
  • 経済関連誌
    『週刊ダイヤモンド』『東洋経済』『BusinessWeek』などを参考にしてみてください。

そのほか、関連銘柄のチャートをチェックすることはもちろん、主要市場の為替・債券のようすも見逃さないようにしましょう。とくに、「株価」「為替」「リート指数」だけは要チェックしておいてください。

わからないことは専門家に相談

とはいっても、投資をしているとわかならいことがたくさんで出てくると思います。そんなときは、まよわず専門家に相談すること。

新聞の見方ひとつとってもどこに注目すればいいのかわからなくなったり、ほかの銘柄・業界の動きが気になってしまったりと、必ず壁に当たるはずです。あれやこれや逡巡しているうちに、資産がどんどん目減りしていってしまうことは珍しいことではありません。

資産運用セミナーなどでしっかりと知識を身につけ、頼れる講師(専門家)を見つけておくことが、賢く資産を運用するための近道かもしれませんね。