初心者にやさしい資産運用セミナーBEST5

資産運用初心者のための投資入門ガイド

TOP » 人気の資産運用セミナーに行ってきた感想レポート

人気の資産運用セミナーに行ってきた感想レポート

「株の学校カブックス」「トレーダーズアカデミー」「日本ファイナンシャルアカデミー」の3つのセミナーに参加してきました。セミナーでは具体的にどんなことを学べるのか、参加者や講師についても詳細にまとめたので、セミナーに行くか迷っている人はぜひ参考にしてください。

「株の学校カブックス」感想レポート

株の学校カブックスセミナー会場外観
  • セミナー名:体験セミナー
  • 日時:2017年8月
  • 場所:新橋

新橋駅前にあるビルの会議室で、開催しています。今回は平日夜のセミナーに参加してきました。

参加者の様子

40〜50代の男性と30代~40代の女性、計10人ほど参加されていました。一言でいうと、本気度の高い人たちだと感じました。決して株歴が長いわけではなく、参加者の6〜7割が株初心者です。しかしセミナー開始までの時間に、本で投資の勉強している人が何人もいらっしゃり、もう株式投資を始める意思の固まった人たちが多い印象を受けました。

講師や学校について

講師は秋葉映子先生。自宅で行なう株専業のトレーダーです。音大出身で数字は苦手なんだとか。投資信託で400万損失したことをきっかけに株の勉強を始めたそうです。先生の経験談からも分かる通り、カブックスは「簡単に儲かる方法」を教えるのではなく、「失敗する方法から、失敗を避ける方法を学ぶ」というのがモットーだそうです。

セミナーの内容

低資金・初心者には、中短期の株式投資がおすすめらしい

テクニカル分析に特化した学校のため、中短期の株式投資向きです。中短期であれば、50〜100万円など低資金の方でも株を始められるというわけです。長期投資をするなら、機関投資家(プロ)に負けないくらいの情報を集めて分析する必要がありますが、短期投資ならチャートの見方を身につけるだけでOKとのこと。初心者なら絶対短期投資を選ぶべきですね。

売買サインの見極め方を習得

テクニカル分析の基本であるローソク足も、見方はもちろん、どれが買いのサインなのか、売りのサインなのかをハッキリと教えてもらえました。知識がない初心者は「日経平均株価〇円下落」とニュースが流れるだけで慌ててしまいがちです。先生の話を聞いて、売買のタイミングを図る判断材料は、ニュースではなくチャートやローソク足なんだということが良く分かりました。

最新チャートを見て、先生と銘柄選びを実践

銘柄を選ぶ際には、75日移動平均線・ローソク足の両方で見極めるのだそうです。株価が上昇しやすいのは、平均線の上にローソク足があるとき。その中でも、平均線にローソク足が近づいたときが仕掛けるチャンスだと教わりました。とても具体的で助かります。

それらを踏まえて、実際に銘柄の最新チャートを見ながら、「これはいま買い」「これは売り」「これはあまり手を出さない方がいい」などチャート的な理由を、先生が躊躇なくどんどん教えてくれました。おかげで、自分で投資を実践するイメージが湧いてきました。

「株の学校カブックス」セミナー感想まとめ

株の学校カブックスセミナー配布資料3,000円の有料セミナーとは言え、コースへ入会しなければ肝心なテクニックは教えてもらえないと思ってました。でもカブックスは1日のセミナーで、惜しみなく実践的な指導をしてくれるので、明日からでも株をスタートできそうです。

株の学校カブックスはこんな人におすすめ
  • 株式投資初心者の方
  • 具体的に即実践できるテクニックを教わりたい方
カブックス公式サイトで
セミナー情報をCheck

「トレーダーズアカデミー」感想レポート

トレーダーズアカデミーセミナー会場外観
  • セミナー名:無料株セミナー
  • 日時:2017年8月
  • 場所:銀座

東京校でのセミナーに参加してきました。最寄りは銀座一丁目駅です。

参加者の様子

日中に開催しているセミナーに参加したこともあってか、若い世代が多かったです。若いと言っても初心者なのではなく、学生時代から株を始めているという経験者も見られました。

講師や学校について

担当は白鳥先生という男性講師でした。トレーダーズアカデミー出身の先生です。専任講師として各スクールを回っているそうです。

セミナーの内容

日本は「お金を貯められない」国になる!?

まず日本の財政状況についての講義が始まりました。日本の国の借金は1,100兆円にものぼり、財政破綻したギリシャの比ではないとのこと。今は国民負担が少ないけれど、いずれ課税される可能性があります。

また人口増加による物価上昇も見逃せません。30年後に人口が20億増えれば物価は今の2倍になるという予測があるそうです。

NISAからも見る、株式投資を勉強する意味と必要性

そんな将来に備えて、今からでも資産を確保しておく必要があります。この状況を先読みして国が始めたのがNISAだ、とトレーダーズアカデミーは考えています。国が株式投資を行いやすい環境を整えてくれたけれど、正しい知識がなければ投資ができない。だからこそセミナーで勉強すべき、ということです。

プロに勝つためにはテクニカル分析が必要

また外資系証券会社など機関投資家のプロが日本の半数以上の株を保有している中、個人投資家が株で成功する割合は1割程度だそうです。そのプロに勝つには、テクニカル分析で基礎を覚えること。具体的に1つ、フィボナッチ係数を教わりました。チャートから数値を3つ算出して、仕掛ける値を決める方法です。1度覚えれば、数学が苦手でも大丈夫そう。

「トレーダーズアカデミー」セミナー感想まとめ

トレーダーズアカデミーセミナー配布資料資産運用は、ただ自分の生活を豊かにするためだけのものではないのですね。日本が今後どうなるかを見据えて投資を検討する、という新たな視点を得られました。会員になればもっと具体的にテクニカル分析を学べるようです。

トレーダーズアカデミーはこんな人におすすめ
  • NISAについて知りたい人
  • 国の財政を踏まえて、資産運用の意味を考えたい人
トレーダーズアカデミー公式サイトで
セミナー情報をCheck

「日本ファイナンシャルアカデミー」感想レポート

日本ファイナンシャルアカデミーセミナー会場外観
  • セミナー名:お金の教養講座
  • 日時:2017年7月
  • 場所:新宿

新宿西口にある新宿本校のセミナーに参加してきました。

参加者の様子

仕事帰りのサラリーマンが沢山いるかと思いきや、ラフな服装の若者もチラホラ…大学生でしょうか。男女半々くらいで、男性は30代が多め。女性は主に20代。比較的若い年代が集まるセミナーのようです。

講師や学校について

先生は元塾講師の男性。ファイナンシャルアカデミーのセミナー出身で、不動産投資の学校で資産運用を学んだそうです。

セミナーの内容

投資の前に!お金を持ち続けるスキルを

教養講座ということで、投資を始める前のステップから講義が始まりました。まず、お金を持ち続ける能力、つまり貯金の習慣をつけることを勧められました。収入の2割を貯金に回すのが理想だそうです。

また損益計算書の作り方を学びました。これで生活費を見直して、自分がどこに多く出費してしまっているかを確認ができます。ファイナンシャルアカデミーおすすめの方法は、クリアファイルでレシートを分類する方法。食費、交際費…などざっくり項目をつくり、レシートを分類し、1ヶ月経ってから各項目の合計を出して比較するという形です。先生はこの方法を始めて、ようやくスタバに月1万以上出費していることに気づいたそうです!

アイスブレーキングにも賢い資産運用のヒントが?

途中にアイスブレーキングとして、セミナー参加者同士でペアを組み「共通点を探す」というゲームがありました。私はアパレル系総合職の女性とペアになり、8つの共通点を発見!大盛り上がりのチームは30個近く見つけていたようです。景品として、先ほど話に上がった生活費を見直すためのクリアファイルをもらっていました。先生曰く、初対面の人と距離を縮めるスキルは、資産運用の取引にも必要なのだそうです。

第二のファーストリテイリングを見つけたくなる

後半では肝心の資産運用についての講義が始まります。不動産、株、FXについて具体的な例をあげながら、どう運用をすればどんな利益を出せるかを学びました。ファーストリテイリングの株価が1998年から2000年までの2年間で、10万から600万になった話を紹介され、株の面白さがよく分かりました。

もしユニクロのフリースが流行り始めたときに企業の成長を見込んで株を買っていれば、今頃どれくらい利益が出せたのか…など夢が広がる話をたくさん聞けたので、第二のファーストリテイリングとなるような成長企業を、自分で見つけて投資したい!と意欲を掻き立てられました。

「日本ファイナンシャルアカデミー」セミナー感想まとめ

日本ファイナンシャルアカデミーセミナー会場入り口「お金の教養講座」ということもあり、投資をする前段階である「貯蓄」に関する話に重点が置かれているセミナーでした。資産を増やすというより、初心者は安定資産を確保することが第一だという考えのようです。各投資の詳細については、また別のセミナーが用意されてるようなので、そちらも要チェックですね。

日本ファイナンシャルアカデミーはこんな人におすすめ
  • 現状の生活費の見直しをしたい人
  • 株、不動産、FXの投資について簡単に知りたい人
日本ファイナンシャルアカデミー
公式サイトで
セミナー情報をCheck