初心者にやさしい資産運用セミナーBEST5

資産運用初心者のための投資入門ガイド

TOP » サラリーマンに資産運用がおすすめの理由 » 勤務中に儲けられる

勤務中に儲けられる

サラリーマンが、仕事をしながらでも続けられる資産運用法があることをご存知ですか?ここでは、勤務と併用してできる資産運用を紹介します。

まず優先すべきは仕事

リストラや会社の財政が破たんするなど、自分や企業がいつどうなるか見通しの立たない時代。少しでも生活や将来の足しになるようにと、資産運用を考えるサラリーマンも多くなっていますが、仕事と投資の2つを両立させるのは非常に困難です。もちろん、優先すべきは本業の「仕事」。投資というのは、当面の生活に影響が出ない余剰金を使ってするものなので、投資資金を作るという意味でも仕事は最優先事項です。

働きながら資金を貯め、投資ができる余裕を持てるようになってから運用を始めると良いでしょう。生活資金を元手にムチャな投資をして、大損をしてしまったら元も子もありません。

仕事と両立できる資産運用法はあるの?

せっかく投資にあてられる準備金ができても、「投資にかけられる時間がない」「仕事をおろそかにはできない」というのがサラリーマンの本音ではないでしょうか。そんな、投資を優先できないサラリーマンにおすすめなのが、通常勤務と同時進行できる資産運用方法。ここでは、手間なく投資ができる「株式の自動売買」について解説していきます。

株式投資の自動売買がサラリーマンにおすすめ

株式の自動売買とは、ネット証券や専用ソフトのシステムを利用して自動的に取引をする方法。あらかじめ、株の価格が「〇〇円になったら注文する」「○○円以下になったら売却する」という設定をしておけば、設定どおりの条件になったとき、システムが自動で売買を行ってくれるのです。このシステムを使えば、通常勤務をしている間でも自動的に株の取引ができるようになり、時間を有効に活用しながら資産運用できるようになります。仕事中に値動きをチェックする必要もないため、本業である仕事にしっかりと集中できます。

また、ネット証券では、設定した株価になったらメールで通知してくれるサービスもあります。通知が来たときだけ株価をチェックし、注文するかしないかを判断できるため、サラリーマンにとっては便利なシステムと言えるでしょう。

ただし、銘柄の選び方や仕掛けポイントなど、自動売買にも覚えておくべきことはたくさんあります。株で思わぬ失敗をしないためにも、実践的なスキルをセミナーやスクールで身につけておくことをおすすめします。