初心者にやさしい資産運用セミナーBEST5

資産運用初心者のための投資入門ガイド

TOP » 貯金額から考える資産運用方法 » 10万円から資産運用

10万円から資産運用

ここでは、貯金額10万円からの資産運用法について解説していきます。

資産運用でリスク回避するための準備

「貯金があるから投資する」という活用方法では、リスクを伴う資産運用になりかねません。資産運用は、積極的に行うにしても、攻撃的に行うにして、はじめのうちは安全な方法で進めることがおすすめ。周囲の流れに合わせ、よく知られた銘柄だからと安心してしまうのは、リスク回避が難しくなり目標とする資産運用からそれてしまうかもしれません。

初心者のうちに、投資の銘柄や購入時期にこだわってしまうと、長期的に続けることが難しくなります。リスク回避のためにも、資産運用には「準備」が大切なポイントになります。

目標を立てる

目標を持った資産運用をはじめることは、収益を考える以上に重要です。「いつまで」、「何のため」、そして目標額を「いくらに」するかという目標に基づいて考えていきます。たとえば、子どもが大学入学までの10年間に、300万円貯める、住宅購入のために500万円用意しておきたい、などの目標が必要です。さらに、Web上にあるツールなどを活用し、何%の利回りなら達成できるかなどを計算してみるのは実際的です。

資産の状態をチェック

資産運用の準備に必要な別の点として、資産を整理整頓しましょう。現在所有している金額によっては、投資の前に貯蓄がおすすめな場合もあります。投資したいと思う資産を使う目的や、必要な時期、資金額などに分類して、ご自身の持つお金の状態を知ることは大切です。

目標に合った実行プランを考える

資産運用を現実にするためには、資産配分を考えた実行プランが大切です。目標額が決まると、銘柄や商品選択に注目してしまいがちですが、資産運用には購入時期よりも、資産配分が優先されます。そこで、金融電卓を使った利回り計算やWebサイト上でお客さま向けシミュレーションツールを活用して、実行プランを立てましょう。

初心者でもOK!10万円から始められる投資

さまざまなニュースや株の情報を聞くと、不安を感じやすい資産運用。しかし、株の一次的な動向だけで投資を判断するのではなく、長期で考える資産運用が成功するための秘訣です。資産運用の目標を立て、自己資金を把握し、実行プランを立てたなら、運用方法や銘柄などからどのタイプが合うか考えてみましょう。

投資となると不安やリスクを先に考えてしまうこともあります。しかし、預貯金が10万円超えたときや、ボーナスを受け取ったとき、さらに資産運用を考えて10万円を貯金するなど、少ない金額から最適と思えるものを見つけてみることがおすすめです。

タイプ1:定期預金

資産運用が初めてという人や、株や投資信託での資産運用には懸念があるという場合、安全性が高く元本保証される「定期預金」があります。普通預金よりも金利が高く、預金額と金利分が保証されています。銀行の種類によっては、10倍以上の金利で預け入れることもできる種類の定期預金があります。

タイプ2:投資信託の積立

毎月、自己資金から可能額を預けて、資産を積み立てていくのが「投資信託」です。初心者でも本格的な投資が可能になり、プロフェッショナルな分散投資ができます。年間120万円までの資産運用であれば、60か月(5年)以内に得られた利益を非課税とすることが可能になる「少額投資非課税制度(NISA)」が適用される投資です。

参考:金融庁:NISAとは?

タイプ3:つみたてNISA

毎月の投資信託の積み立て同様、月ごとに定額を積み立てていく「つみたてNISA」が2018年1月から始まっています。この「つみたてNISA」の年間の投資額は、40万円が上限です。最大のメリットは、手数料が割安で、20年間非課税となる利益により、資産運用できる投資です。

タイプ4:個人向け国債

「個人向け国債」も、国が発行する債券で、安全性の高い資産運用のひとつです。リスクが低い債券としても知られており、6か月ごとに金利を見直すタイプ、3年もしくは5年の満期まで固定金利で実施するものがあります。

タイプ5:「iDeCo(イデコ)」や「401k」などの確定拠出年金

退職後などの老後に必要になるお金のために投資をしたい人向け資産運用は、「確定拠出年金」があります。ひとつは、各企業が福利厚生として勤続期間中に投資するタイプの「企業型」です。また、iDeCo(イデコ)と呼ばれる個人で加入できる「個人型」もあります。以前は、企業内でも限定されていましたが、2017年1月に開始された「401k個人型」は、幅広い年代の人が活用です。保険や預金との組み合わせや、税金が優遇されるなどのメリットもあることで、注目されている投資方法です。

タイプ6:「株」や「ETF」

まとまった資金が必要になる株取引でも、1,000円単位から始めることのできる株があります。「ミニ株」、「まめ株」、「プチ株」などの株や、上場投資信託で知られる「ETF」などを使用した資産運用から始める人もいます。株を理解することは困難と思う人もいますが、少額はじめることでリスクを最小限にすることもできるタイプの運用方法です。

まずは10万円から資産運用にチャレンジ!

資産運用は、調整機能を活用しながら積極的に行うにしても、投資を組み立てて攻撃的に行うにして、初心者としては安全な方法で始めることがおすすめです。投資の銘柄や購入時期にこだわってしまうと、リスク回避が難しくなることもあり得ます。

そこで、投資による資産運用を考えるなら、10万円から始めることもできます。預貯金が10万円超えたとき、ボーナスを受け取ったときなど、目標を立てて実行プランを作ってみましょう。不明な点があれば、資産運用のセミナーや資料を比較検討して、さまざまなタイプの資産運用から、最適と思えるものに挑戦してみることができるかもしれません。