初心者にやさしい資産運用セミナーBEST5

資産運用初心者のための投資入門ガイド

TOP » 貯金額から考える資産運用方法 » 1000万円から資産運用

1000万円から資産運用

1,000万円からの資産運用法にはどのようなものがあるのか、詳しく解説していきます。

1,000万円で行う賢い資産運用方法とは

1,000万円の貯金があれば、かなりの額を運用に回すことも可能となるでしょう。ただし、動かせる金額が高くなってくるため、運用の際には何を目的とするかを明確にしておく必要があります。「確実に資産を増やす」のか、「リスクをとっても、ハイリターンに挑戦する」のか、設定した目的によって運用方法は違ってくるのです。

ここでは、前者におすすめの「株式投資」と、後者におすすめの「FX(外国為替証拠金取引)」について解説していきます。

株式投資

  • 確実に資産を増やしたい人に

資産運用といえば株式投資というほど、誰もが知っているポピュラーな金融商品。堅実な運用で、1,000万円からの資産を確実に増やしたいという方におすすめです。株式投資には元本保証がないため、運用の結果によっては元本が割れるというリスクはあります。株式投資は価格変動のある金融商品ですので、株価が大きく下落すれば大損をしてしまう可能性もアリ。そのあたりのリスクは、覚悟で臨む必要があるでしょう。

しかし、「株で大儲けしたい」などと欲をかきすぎなければ、大損をするというリスクは軽くすることができます。確実に資産を増やすために必要なのは、ハイリターンを望むのではなく、コツコツと利益をあげていくことです。堅実な運用のヒケツとしてよく挙げられるのが、「自分なりのルールを作って運用する」ということ。やり方は人それぞれですが、「10%価格があがったら利益を確定する」「10%値下がりしたら損をしてでも売る」といった決まりごとを定め、多くを望まずに利益を獲得するのです。株で確実に稼ぐなら、大きく勝つのではなく、負けない取引を心がけましょう。

株式投資の
資産運用セミナー
BEST5はこちら

FX

  • 多少リスクがあっても、ハイリターンに挑戦したい人に

FXとは「Foreign Exchange」の略称で、「外国為替証拠金取引」が正式名称。外国通貨(為替)をトレードし、その差額を利益とする資産運用方法です。FXは、この基本的な仕組みの他に「レバレッジ」という特徴があります。レバレッジとは、取引保証金(いわゆる担保)を最大25倍で運用できるシステム。つまり、保証金が4万円しかなくても、最大100万円を動かして運用できるのです。

ただし、レバレッジはハイリスク・ハイリターン。実効レバレッジが高ければ高いほど、得も損も大きくなります(損失額にもレバレッジがかかるため)。FXで取引を行う際は、自分が負えるリスクを考慮してレバレッジを利用するようにしてください。

資産運用での失敗を防ぐためにも、セミナーで勉強を

資産運用は、リスクの高い方法ほど判断・取引のタイミングなどが難しくなります。投資で失敗してしまう方のほとんどは、このリスクを正しく理解していないことが多いようです。最近ではネットや書籍などでも資産運用に関する知識を学べますが、本当にリスクを減らして運用をしたいなら、すでに投資で成功しているプロから知識を学ぶのが一番。プロ投資家は、自分の資産でさまざまな投資をし、失敗しながら成功を勝ち取った専門家。ゆえに、「どうしたら失敗しないで資産運用できるか」を熟知していると言えます。

実際に運用をしているからこそのアドバイスも期待できるので、1,000万円からの運用を考えているなら、まず投資セミナーで学んでから挑むことをおすすめします。