初心者にやさしい資産運用セミナーBEST5

資産運用初心者のための投資入門ガイド

TOP » 貯金額から考える資産運用方法 » 100万円から資産運用

100万円から資産運用

ここでは、貯金額100万円からの資産運用法について解説していきます。

100万円での投資はリスクを最小限にすべし

100万円

安全に資産運用をするなら、生活防衛金とこの先5年ほどの必要資金は手元に残しておきたいもの。それを考慮すると、100万円の貯蓄から資産運用をするのは少々心もとないことが分かります。しかし、まったく資産運用ができないというわけではありません。

100万円から資産運用をするなら。手堅くリターンを狙えて、リスクを最小限に抑えられる安全な商品を選んだ方が◎。ローリスクの商品は、期待できるリターンも少なくはなりますが、コツコツ貯めて増やしていこうと思っている方にはおすすめの方法です。

安全性の高い金融商品の多くには「元本保証」があるため、もともとの資産を減らさずに運用が可能。損をすることがないので、「お金を増やしたいけれど、リスクが大きいのは不安」という方にもピッタリです。ここでは、そんなローリスクな資産運用法について詳しく解説していきます。

定期預金

定期預金とは、決められた期間、お金を銀行に預けておく金融商品。一定期間が過ぎるまでお金を引き出すことはできませんが、その分高い金利が適用されます。資産運用のなかでも一般的で、元本保証もあるため非常に低リスク。しかし、今はどの定期預金も金利が低くなっています。

もし、あなたの持つ100万円を金利0.015%の定期預金に入れた場合、1年でつく利息は150円。5年預けると750円になります。ただし、この利息を受け取れるのは満期まで預け続けた場合のみ。途中解約すると、通常金利が適用されるので注意が必要です。

債券

初心者におすすめの債券といえば、国に投資する「国債」。国の財政が破たんしない限り元本は保証されるため、信頼性の高い金融商品と言えるでしょう。最低金利も0.05%が保証されており、それ以下にはならないというのも安心材料の1つです。

ちなみに、100万円で期間10年型の国債を購入した場合、利息は最低金利が適用された場合で5,002円となります。ただし、国債は発行してから1年経過しないと売却できないため、急にお金が必要となったときなどに不便が生じることも。

個人年金

個人年金とは貯蓄タイプの保険で、積み立てた保険料を所定の年齢(60歳・65歳など)から年金として受け取れるというもの。老後の資金準備として選ばれている商品で、金利も1%前後と、銀行の定期預金などに比べれば高いものとなっています。

ただし、株・債券などの運用成績によって受取金額が変わる変額年金の場合、最終的にお金が増えることもありますが元本割れをする可能性もあります。定額年金には最低保証がありますが、途中解約するとほとんどのケースで元本割れするため、簡単に解約はできなくなります。

不動産投資

リスクを最小限に抑えた100万円程度の投資なら、不動産投資も対象になります。不動産投資とは、アパートやマンション、一戸建て、土地など、文字通り不動産に投資をして利益を得ることですが、仕事をしながら投資できることや、低リスクで始められること、安定した収入を長期で獲得できるなどのメリットがあります。

一方、物件の劣化に伴って設備を修理したり、相場が急落して家賃収入が激減するなどのリスクが発生することもあるため、不動産投資を行う場合は常に長期的な視野を持ち、リスク管理を徹底させながら投資を行わなければなりません。

FX

FXとは、円やドルなど各国通貨を売買して利益を得る為替取引のことです。為替市場の相場を観察しながら、株式でいうところの銘柄に当たる通貨ペアを交換し、為替差益による利益獲得を目指します。

特徴は、株式取引のように「売り」だけでなく、「買い」でも「売り」でも両方で利益が出せること、専業でなくても投資ができること、そして少ない資金でもハイリターンが期待できることです。また為替市場は休むことがなく、24時間取引できるのも魅力でしょう。注意点は、投資を行う際の目標と計画性が欠かせないこと、相場の急激な変化により大損してしまう可能性もあることです。

もっとリターンがほしいなら株式投資にチャレンジ

100万円からの資産運用法として、ローリスクの商品を紹介してきました。もう少しリターンの多い投資に挑戦したいという方には、ある程度のリターンが期待でき、リスクも大きすぎない「株式投資」をおすすめします。株式投資とは、企業が発行している株式を購入して運用していく方法。注文した銘柄の価値が上がったときに売れば利益が発生し、価値が下がれば損をするというシステムとなります。

しかし、「銘柄がたくさんあって選べない」「売却するタイミングが分からない」「損失のリスクが怖い」など、初心者には分からないことが多く、そこで躊躇してしまう方も多いのではないでしょうか。

確かに、知識が乏しいままチャレンジすると大失敗する恐れがありますが、正しい投資法をしっかりと学んでおけば、リスクを押さえて確実に資産を増やすことができる方法です。株式専門のセミナーなどを活用し、プロトレーダーの持つ実践的なノウハウ・最新の情報を勉強してみると良いでしょう。

100万円からの資産運用での成功・失敗事例

成功例

ある男性は、立地条件のいいマンションの一室を2000万円でローン購入し、初期費用を手持ちの100万円で工面したうえで賃貸に出し、月々の家賃収入によって利益を出すことに成功しています。

これは手持ちの資金よりも大きな額の資産を運用して利益獲得に成功した好例ですが、勝因としては、月々のローン支払額より高い家賃を設定したこと、入居者の確保を維持し続けたこと、立地条件のいい好物件を選んだことなどが挙げられます。

失敗例

一方、初心者にも関わらず元本保証されていないハイリスクハイリターンの投資信託を100万円で購入し、結果、30万円の損失を出してしまったビギナー投資家もいます。この場合、敗因は分散投資をせず一括で一つの商品だけを購入したこと、投資経験が十分でないのにリスクの大きい商品に手を出したことです。

仮に手持ちに余裕があったとしても、上級テクを持っていない初心者は安全な投資から始めたほうがいいという、典型的な失敗例といえます。

100万円程度での資産運用を成功させる秘訣

投資対象によって成功する秘訣は異なりますが、100万円程度での資産運用なら、100万円という身の丈に合った投資を行い、なるべくリスクを抱え込まないようにしながら安全域をキープするのがコツです。