投資信託

投資初心者におすすめの投資法のひとつが、投資信託。

ここでは、その投資信託について少し解説していきます。

少額からはじめられるフレキシブルな投資

まずは、投資信託の魅力について見てみましょう。

複数の投資家から集めた資金を、株や不動産、債権などに投資する投資信託。この投資信託は、プロの投資専門家に運用を委託できるので、初心者でも難しく考えずに投資できます。

さまざまな専門知識や、銘柄の選定、入れ替えなどを私たちが悩む必要がないので、とてもスムーズ。この、「専門家を使える」という点が、投資信託最大のメリットかもしれません。

投資先についても、日本株はもとより、外国株、外国債など幅広く投資できるので、実にフレキシブル。

前述のように、複数の投資家から資金を集めるため、1人あたりの投資額が少額からはじめられる点も見逃せません。

投資信託から生み出される利益には、「分配金」「譲渡益」「解約差益」「償還差益」などがあります。

分配金は、毎月、もしくは年数回、信託期間中に収益が分配されるお金。

譲渡益は、投資している証券を途中で売却した場合に生まれるお金。

解約差益・償還差益は、中途解約時や満期時に生じた元本との差額で得るお金です。

証券会社以外でも投資可能

投資信託の購入先というと、証券会社が真っ先に思い浮かぶでしょう。

しかし、投資信託は銀行や郵便局でも購入が可能です。

投資専門の金融機関ではないので、どうしても取扱いのある投資信託商品は証券会社に比べると劣ってしましますが、店舗数やエリアのカバー範囲という点では一日の長があります。

ただし、銀行の場合には都市銀行に比べて地方銀行ではサービス、システムに差があり、事前にチェックしておく必要があります。

郵便局についても、取扱い商品の幅が狭く、専門性の高いスタッフにも限りがあるなどのデメリットがあるので、留意してください。

コンテンツ一覧