不動産投資

こちらでは、資産運用のひとつである不動産投資について説明していきます。

「不動産投資って、資産家のする投資じゃない?」「投資ビギナーには敷居が高そう…」など、これから投資をはじめようと考えている人にとって、不動産投資は縁遠いイメージがあるのではないでしょうか。

いろいろ調べてみると、必ずしも私たちのイメージ通りとは限らないようです。

不動産投資のメリットって?

まずは、不動産投資のメリットについてまとめてみます。

  • 定期的な収入を確保できる
  • 私的年金代わりになる
  • 生命保険同等の機能を果たせる
  • 所得税・住民税などの節税効果がある
  • 相続税対策として有効
  • インフレに強い側面をもっている

などなど、そのほかにも細かいメリットはありますが、おもだったところでもこれだけのメリットがあります。

とくに、定期的に安定した収入が得られること、団体信用生命保険に加入することによって万一の際にはローン残額は保険で支払われること、各種節税への効果があることは、不動産投資ならではで特筆に値するでしょう。

不動産投資は、自分の老後への投資としても大いに有効な投資方法のひとつなのです。

不動産投資のしくみ

「そもそも不動産投資って何?」という方もいらっしゃるでしょうから、少し簡単に説明しておきましょう。

不動産投資とは、アパートやマンションなどの不動産を購入し、家賃で収入を得る方法です。住宅不動産以外にも、オフィスビルや駐車場なども対象となります。

単に家賃だけで収入を得るだけでなく、時期を見計らって売却して利益を得ることも可能。

定期的な家賃収入を期待するも、大幅な利益を目指して売却を前提にするも自由なので、自分の投資スタイルにあわせて投資物件を選ぶといいのではないでしょうか。

いずれにせよ、ある程度の利回りが見込めるのが不動産投資の特徴ではありますが、短期で結果のでる投資ではないことも理解しておいてください。

コンテンツ一覧