管理人のセミナー体験レポート

こちらのページでは、私が受講したカブックスのセミナーの体験レポートを紹介します。

資産運用セミナーの受講を検討している方の参考になるとうれしいです。

カブックスの体験セミナーレポート

  • 開催日2014年4月
  • 場所:カブックス東京校
  • テーマ:株式投資で毎月安定して利益の出ている両建て戦略
  • 講師:河端 啓吾先生

今後のセミナー日程は
こちらからご確認
ください>>

会場の雰囲気は?

会場はカブックス東京校。東京証券取引所のすぐそばです。

講義は先着10名限定、男性・女性、ちょうど半々でした。

初めに、簡単な自己紹介をしました。

株で失敗した(損した)人、投資信託を始めたばかりの人、投資で儲けた分でマンション購入したい人、株で成功した話を聞いて興味をもった人など、初心者からベテランまで、幅広い受講者が来ていました。

先生の雰囲気は?

30代半ばの河端先生(男性)は、とても穏やかな印象。

専門学校の講師をされていたそうで、話すスピードもちょうど良く、聞き取りやすかったです。

先生は、株を持ってから1週間~10日で売り買いする「スイングトレード」が得意と言われていました。

「分からないところはどんどん質問してくださいね!」と言われるだけあって、セミナーの休憩時間中も質問を受け付けてくれたり、世間話をしたりと、話やすい雰囲気でした。

セミナーの内容は?

まず「どのくらいの人が株で儲けているのか」「株式投資を選ぶ理由」に触れました。

株式投資のメリットとして、副業としてできる、不定期でもできる、なるべく体力・時間を使わない、大きな収入の可能性がある、他の投資より利益を出しやすいことを挙げられていました。

私も確かにその通りだと感じました。

次に「個人投資家が犯しやすい3つの間違い」について。(これは、私が最も知りたかったことでもあります。)

河端先生は、個人投資家が情報を入手する際の間違い、株の売買ルールについて、事例を交えて、とても詳しくお話してくれました。

なかでも「株が上がることばかり考えていて、下がった場合の対策を考えていない」という点は、私の足りない部分でもあり、「売買ルールをもつ」ことがどれほど大事なことか、実感しました。

売買ルールを作る方法の1つとして、「テクニカル分析とファンダメンタル分析の違い」やテクニカル分析に必要な「ローソク足の見方」「移動平均線の使い方」を教わりました。

実際のチャートを使いながら説明してくれるので、本当に分かりやすかったです

そして、最後に「売り買いのルールづくり」として、上げ・下げ相場に関係なく、少ない資金でも効率よく利益を狙える「カブックス流売買法」について説明。おすすめの証券会社についても、こっそり教えてくれました。

業界初となるカブックスのステップ化された銘柄探しシートを使えば、少ない資金でも効率よく利益を狙えるので、経験の浅い私でも株を副業として成立できるような気がしてきました。

どれも先生の実践データに基づいた内容だったので、効果が目に見えて分かりやすかったです。

専門家はやっぱりすごい!

あっという間の2時間。とても充実した内容で、楽しかったです。

これまで自己流で結果がでなかったり、何から始めて良いのか分からない人、大きな損を出してしまった人などは、1度参加されることをおすすめします。

チャートの見方、情報入手の仕方、そんな基本的なことから教えてもらえるだけでなく、カブックス流売買法を知ることで、利益優先のやり方が分かりました

カブックスでは、毎月このようなセミナーを行なっていますが、先着10名限定なので早い者勝ちです!

女性だけの体験セミナーもあるようなので、ぜひチェックしてみてください。

コンテンツ一覧