老後が安心

女性に資産セミナーをおすすめする最大の理由――。それが「老後への備え」です。

ここでは、その点について少し説明していきたいと思います。

お金にまつわる女性の不安を解決するには

まずは、世の女性たちがどういうところにお金の不安を持っているかを見てみましょう。

  • 1位:病気・ケガ
  • 2位:収入の減少
  • 3位:介護費用
  • 4位:老後の生活費
  • 5位:自分の葬儀費
  • 6位:住居の確保

やはり、怖いのは病気やケガ。とくに、年齢を重ねてからの病気・ケガはその後の人生設計も狂わしかねません。病気を患ってからは手遅れなので、あらかじめ保険への加入が求められます。

誰かに養ってもらえる環境があれば別ですが、とくに独身女性の場合には、収入の減少、もしくは失職などによる収入停止は痛恨。病気・ケガで働けなくなるケースも考えられますので、こちらも保険などの加入が必須でしょう。

老後についても同じことがいえます。介護費用や生活費など、つらい話ですが独身であれば自分1人でなんとかしなければいけません。葬儀費用だけでも100万円~200万円かかるのです。

年金や健康保険などの行政からのサービスだけでは、どうしても補いきれません。

このような不安を払しょくするには、どうしても蓄えが必要。

先々を見越し、若いうちから資産運用をはじめる女性が増えてきているのもうなずけるのではないでしょうか。

一般的に、老後に必要とされる資金は、夫婦の場合3,000万円、独身の場合2,000万円といわれています。

これは必要最低限のラインとされていて、もう少し余裕をもって暮らしたいのであれば、それぞれプラス1,000万円かかるのだとか。

ですから、独身の女性はもちろん、結婚されている方もだんなさん頼みにせず、いまのうちから資産を有効に活用して老後に備えることが大切なのです。

資産運用セミナーには、女性の参加者も増加してきているので、思い切って一度話を聞きに行ってみる価値はあると思いますよ。

コンテンツ一覧