マネープランの組み立て方

ここでは、賢く資産運用するマネープランの組み立て方について紹介します。

シンプルなプランニングが鉄則

マネープランというと、少し難しい話に聞こえるかもしれませんが、押さえるべきポイントを押さえてしまえばなにも難しいことはありません。

資産運用や投資をはじめる前にちゃんと見直すべき点は見直し、準備を怠らなければしっかりと貯蓄できるはず。

以下にそのポイントをピックアップしておきますので、参考にしてみてください。

  • 負債・借金があれば返済が先決!
  • 当座の生活費(3か月分程度)は温存!
  • 積立などを利用し、一部は定期的に貯蓄にまわす!
  • 入用の場合は借金をせずに貯蓄からまわす!
  • 1%単位で手数料にこだわる!
  • 安易に情報に流されない!
  • 投資計画は明確でシンプルなものに!

いうまでもなく、借金があれば投資や運用よりも先に、そちらを清算してください。基本的に、借金の金利は資産運用の利回りを上回るので、いくら投資をしても自転車操業となってしまいます。

当面の生活費の確保も大切。資産をつぎ込んで積極的に打ってでるのも結構ですが、私たちビギナーにはリスクが高すぎるでしょう。また、車の購入や結婚資金など、~5年で使う予定のある資金もとっておいたほうが無難です。

資産運用の基本はお金を貯めること。ですから、できる限り定期的に貯蓄にまわせるシステムを構築しましょう。お金を貯めよう、増やそうとしているのに、借金も厳禁です。

また、資産運用においては手数料もバカになりません。投資額が増えれば増えるほど、実感するはずです。1%単位、できれば0.1%単位でも手数料にこだわってください。

ニュースや新聞、噂などの小さな情報に流され、すぐに売買に走ってしまわないこと。衝動的に行動せず、状況を見極めてくごくことが肝要です。

ときには切り崩す勇気を

以上のような点を押さえておけば、うまく資産を運用できる確率は高くなるでしょう。

ここで一番覚えておいてほしいのは、運用費を切り崩す勇気。

せっかくの蓄えを切り崩すことは勇気のいる決断です。

しかし、だからといって借金などの負債を抱えることは資産運用・投資ではご法度。

くれぐれも気をつけてくださいね。

コンテンツ一覧