リスクの管理の方法

資産運用におけるリスク管理についてまとめています。

資産運用や投資にリスクはつきもの。

とはいえ、しっかりと管理することで回避できるリスクはいくらでもあります。自分がどの程度のリスクまで耐えられるか。ここをちゃんと把握しておけば、安心して資産を運用できるはずです。

身の丈にあった防衛ラインを設定

資産運用におけるリスク管理には、いくつかポイントがありますが、そのなかでも押さえておきたい点をチェックしてみましょう。

(1)分散投資
投資の「種類」をはじめ、投資する「時間(時期)」、投資する「対象」などを分散させることで、それぞれのもつリスクを最小限に抑える管理術。

(2)レバレッジ管理
レバレッジとは、いわゆる「テコの原理」のこと。つまり、低資金で大きな額の取引をすることを指します。とくに、元手以上の投資可能な取引はリターンが大きい分、リスクもともなうので徹底的な管理が必要。

(3)ルールの遵守
ルールというのは、自分のなかでの投資ルールです。投資にはギャンブル性もあって、どうしてもズルズルいってしまいがちですが、ルールを明確にして線引きすることで、自滅することを防ぎます。

要するに、自身の資産状況や収入などを考慮し、それにあわせた防衛ラインを構築することが大切なのです。

また、このほかにも外貨取引における為替予約などのヘッジ(回避)取引をする方法もあります。

こうしたヘッジ取引をうまく活用すれば、資産運用におけるリスクはさらに軽減されるはずでしょう。

しかし、これらは実際に投資はじめてみないとわからないことが多々あります。

資産運用セミナーなどに参加すれば、わかりやすく教えてくれるので、興味のある方は一度そちらもチェックしてみることをおすすめします。

コンテンツ一覧