初心者・女性でも参加できる資産運用セミナー > 初心者はここから勉強!不動産投資スターターガイド > 不動産投資セミナーではどんな内容が
学べる?

不動産投資セミナーではどんな内容が
学べる?

全国各地で様々な主催者による不動産投資セミナーが開催されていますが、具体的に不動産投資セミナーではどのような内容を学べるのでしょうか。このページでは、不動産投資セミナーで学べる内容について詳しく解説しています。

不動産投資セミナーの種類によって学べる内容も変わる

不動産投資セミナーと一口に言っても、様々な目的や対象のセミナーが開催されています。そのため不動産投資セミナーの内容について考える場合、目的や対象を理解しなければなりません。

運用不動産別の不動産投資セミナーを紹介

不動産投資は運用する不動産の種類ごとに、事業プランや収益性が異なります。主要な不動産投資として、マンション・アパートの1棟丸ごと運用するものと、1室だけを購入して運用するワンルームマンション投資(区分マンション投資)があります。それぞれメリット・デメリット・収益性に違いがあるため、投資物件の購入を検討する前に、それぞれの基礎知識についてセミナーを通して学ぶのが良いでしょう。

そのほか国外の不動産を投資物件として購入する場合も、予備知識が必要です。海外の不動産投資の場合は、国内の不動産と比較して法律・文化など、事前に把握しておくべき内容が増えます。独学だけで必要な知識を習得するよりも、信頼できる講師・会社が開催するセミナーに参加すると失敗のリスクをより抑えられるでしょう。

マンション投資向け

マンション投資を検討している人の場合、不動産投資セミナーの中でもマンション投資の運用についてテーマを設定しているセミナーを受講すべきです。

自分が1棟を購入したいのか、マンション内の1室だけを購入して運用したいのか、両者の違いやそれぞれのメリット・デメリットを比較検討できるチャンスとしても良いでしょう。

またマンション投資の中でも、新築物件と中古物件のどちらを対象とするかで内容が分かれます。

アパート投資向け

マンション投資とアパート投資は似ているようですが、物件の規模や設備、対象とする入居者などに様々な違いがあります。

アパート投資のセミナーを受講して、マンション投資とアパート投資の内容を比較したうえで検討すると良いでしょう。特に新築アパート投資について考えるような場合、新築マンションとは根本的に構造や規模、費用などが変わります。そのためより正確な両者の特性を理解たうえで、投資物件を検討しましょう。

海外不動産投資向け

日本国内の不動産を対象とした投資の他にも、海外にある不動産を投資対象としたセミナーも存在します。日本とは生活習慣や文化、法律など様々な点において違いがある海外は、必然的に不動産投資で注意すべき内容も異なります。

また海外不動産投資ではどの国に投資するかという点も重要です。その他不動産投資会社を活用することで、海外不動産投資についてどのようなサポートやサービスを受けられるのか、具体的な内容を不動産投資会社や講師から聞けるかもしれません。

ただし海外不動産投資向けのセミナーを受ける際は、投資を検討している国に、開催元となる不動産投資会社の拠点があるか事前の確認が重要です。不動産会社のスタッフが、日本から遠隔で収集した情報を紹介するケースがあり、投資家が収集した情報と同等の可能性も。そのため講師や不動産投資会社の実績、経歴についても事前にチェックしましょう。

学べる内容別の不動産投資セミナーを紹介

投資物件ごとのセミナーではなく、より基礎的な内容を学べるセミナーもあります。ここでは代表的なものをまとめました。

物件選びについて学ぶためのセミナー

不動産投資を成功させるには、何よりも物件選びが重要です。どれほど理想的な事業計画を立ててコストも正確にシミュレーションしたとしても、人気のない物件や購入時に気づかなかった劣化やリスクがある物件は、投資に失敗する可能性が高まります。

物件選びについて学べるセミナーでは、不動産投資において魅力的な物件の基準や考え方、反対に不動産投資では避けるべきリスキーな物件の見極め方などを学べます。

現在の市場やトレンドについて不動産投資の専門家から話を聞けるチャンスとしても、物件選びに関する不動産投資セミナーは魅力的です。個人面談を受けられるチャンスがあれば、現在の自分が検討している物件情報について相談できるかもしれません。

不動産投資を基礎から学ぶためのセミナー

不動産投資とはそもそもどのような資産運用なのか、何をどうすれば不動産投資で収益を得てリスクを抑えられるのか、そういった不動産投資の基本的な内容についてイチから学べる不動産投資セミナーもあります。

不動産投資は物件選びの他にもランニングコストやリスクヘッジといった観点で事業計画を検証しなければならないこともあり、資産運用の基本を固められる絶好のチャンスです。

特にこれから不動産投資を始めようとしている人や、資産運用についてあまり知識のない人は、こういった基礎を学べるセミナーに参加してみることもおすすめです。

失敗事例と対策について学べるセミナー

マンション投資やアパート投資といった不動産投資では、入居者が見つからず家賃収入を得られない空室リスクや、設備の劣化や不具合といった故障リスクなど、様々なリスクがあります。それらが原因で結果的に投資に失敗してしまうケースも少なくありません。

マンションオーナーや不動産投資家がどのような経緯で失敗してしまったのか、その時にどのような対策や準備を行っていれば失敗を回避できたのか。失敗事例と対策について学べるセミナーも重要です。

失敗事例では不動産投資の先輩として、先に不動産投資を行っていた人々の経験や体験について聞ける可能性も。改めて自分自身が不動産投資や物件のオーナーとして進んでいくイメージを明確化する助けにもなります。

資産運用・資産形成などの考え方を学べるセミナー

不動産投資だけでなく、様々な資産運用についてトータルで解説しているセミナーも存在します。不動産投資で収益を得られたとして、今度はそのお金を再び資産運用へ回すのか、それとも預貯金として置いておくべきなのか。専門的な意見や投資家としての心構えなどを改めて意識できるチャンスは大切です。

どのような心構えで不動産投資へ向き合えば良いのか、思いがけないトラブルやエラーが発生した際に、どう冷静に適切なプランを考えていくかなど、投資家としてのメンタル面に関して話してくれるセミナーと言えます。

専門家から個人的にアドバイスを受けられる
セミナー

講師や専門家が一方的に話す情報を吸収するのでなく、参加者の方からも問題を投げかけたり、自分の資産運用の状況を説明したりすることで、具体的かつ明瞭なアドバイスをもらえる個別相談や少人数制セミナーなども存在します。

例えば不動産投資について現状の課題があるとして、その課題にどのように向き合っていくべきなのか、いっそ出口戦略として現金化を検討して次の投資へ事業を転換すべきなのかなど、専門的な知識や最新の情報を把握しているプロにアドバイスをもらいたい場合もあるでしょう。

時には自分が考えた投資プランが、大きなリスクをはらんでいる可能性も少なくないため、投資プランに不安がある方はセミナーに参加して専門家にアドバイスをもらうと良いでしょう。

信頼できる主催者が開催するセミナー

不動産投資セミナーでも資産運用セミナーでも、どのような企業や会社がそのセミナーを運営して、誰が講師として授業を請け負うのか、という2点は決して無視できません。セミナーへ参加する際は必ず講師は誰か、あるいはどの会社が主催者であるか、その会社の沿革や情報と合わせてチェックしておくことが不可欠です。

逆に、信頼できない主催者が開催しているセミナーへ参加すると、思いがけないトラブルに巻き込まれる、あるいは個人情報を流出される恐れがあるので、公式サイトの内容や運営会社の情報、ネットの口コミ・評判など多角的に信頼性を判断していきましょう。


初心者におすすめの資産運用は
ローリスク・ミドルリターンが
合言葉

投資の知識と経験がなくても、堅実かつ安定的に管理できる資産運用の方法があります。選定や運用をサポートしてくれる会社情報と、資産運用に関する知識が学べるセミナー情報をまとめました。