初心者・女性でも参加できる資産運用セミナー > 【不動産投資セミナー】よくある質問(FAQ)

【不動産投資セミナー】
よくある質問(FAQ)

不動産投資を始めたい、もしくはすでに始めている人の中には知識を深めるため、不動産投資セミナーへの参加を検討したり、不動産投資のメリットやローンについてもっと知りたかったりなどの要望があるかと思います。そこで、このページでは、不動産投資セミナーや不動産投資に関するよくある質問(FAQ)を紹介していきます。

不動産投資セミナーについて

セミナーではどんなことが学べるのですか?

不動産投資セミナーで学べる内容は多岐にわたりますが、初心者向けのセミナーでは不動産投資のメリットと基礎的な知識について学べます。投資に関する知識が全くない場合でも分かりやすいよう解説してくれます。

不動産投資は節税対策や生命保険の死亡保障の代わり、年金対策としても有効です。不動産投資セミナーでは、年金の受給額や生命保険などライフプランにかかわる内容も説明。不動産投資によって、人生がどのようにかわるのかをイメージできる内容になっています。

セミナーの参加者はどんな方が多いのですか?

参加者の多くは会社員や公務員で、年齢層では20~40代が多くなっています。

セミナーと無料相談会のどちらがよいでしょうか?

セミナーは、不動産投資をはじめて学ぶ場合や何から学んでよいのか分からない場合、不動産投資の未経験者、基礎から応用まで幅広く学びたい場合などに向いています。一方、無料相談会は投資の専門家にじっくり相談したい場合、個別のプランやシミュレーションを作成してほしい場合、資産形成までを相談したい投資経験者に向いています。

具体的な物件や相談もできますか?

各人にあった物件紹介や提案が可能です。セミナーは限られた時間内での対応となるので、個別の相談は無料相談会の方が、じっくり相談できておすすめです。

不動産投資のメリットとリスク回避について

不動産は本当に有効な投資先なのでしょうか?

不動産投資は株やFXと比較して、「リスクが予想できて、その対応策を講じることが可能である」というメリットがあります。株やFXは自分ではどうすることもできない要素に収益が左右されてしまいますが、不動産投資では、空室や家賃の下落に備えるなら都市部の物件を選ぶなどリスク低減が可能です。

また、一般的なマンション投資では手取り利回りが4〜5%言われています。株やFXと比較すると少ないと感じるかもしれませんが、株やFXではリターンが大きい分リスクも大きいのです。逆に定期預金などリスクの低い金融商品と比較すると、高い収益が見込めるといえます。

さらに、ローンを組んで不動産投資を行っている場合は、団体信用生命保険(団信)へ加入しなければなりません。団体信用生命保険へ加入していると、ローンの契約者が、万が一死亡した場合や重度の障害を負った場合は、ローンが免除され、遺族に収益物件を残すことができます。

この他、家賃収入から経費を差し引いた金額が赤字の場合は税金の還付が受けられる、物件によっては相続税対策になるなどのメリットもあります。

不動産投資に向いている年齢はありますか?

できるだけ若いうちに始めるのがお得です。不動産投資は、長い時間をかけて収益を生み出していく金融商品なので、早く始めれば始めるほど利益が得られます。

空室になって家賃収入がなくなるのが心配です

不動産投資の中で、最もハイリスクなのが、物件が空室になってしまうことです。空室率を0%にはできませんが、物件の場所・築年数などを考慮することで空室になるリスクを下げることが可能です。

空室リスクをできるだけ下げるには東京23区内で駅から徒歩10分以内など、利便性の高い都市部の物件に投資するのがおすすめです。地方ではない限り、半年間家賃が入らないといったことは、ほとんどありません。

物件が古くなると入居者が付きにくくなり、収益性がなくなるのでは?

建物が古くなると家賃は下落していきますが、入居者募集にノウハウを持つ賃貸管理会社が周辺相場に見合った家賃で募集すれば、需要が安定しているエリアの物件ならば空室が長期間続くことはありません。

また、建物は老朽化しても、リノベーションすることで、空室期間を短くしたり、家賃の下落をくい止めたりもできます。物件の設備や内装すべてを工事する必要はなく、ポイントを絞ったリノベーションでも収益改善が見込めます。

ローン・借り入れについて

ローンが組める自己資金の額はどのくらいでしょうか?

投資用のローンは一般的には、おおよそ70万円~80万円程度の自己資金があれば利用可能です。ローンを利用する場合は、現在の借り入れ状況や年収などによっても条件が違ってくるのでセミナーや無料相談会で相談してみるのがおすすめです。安全で効果的なローンの組み方についても教えてもらえます。

少ない自己資金でローンを組み、物件を購入することは危険ですか?

不動産投資の中でもローンは最大のリスクになります。最初は自己資金が少なくてもかまいませんが、できるだけ繰り上げ返済して早期完済するのがおすすめです。不動産投資では、ローンを借りている間、空室や家賃の下落・滞納が発生する可能性があり、このような場合は、家賃をローンの返済に充てることができないので自分で支払うことになります。

また、金利の変動リスクもあります。長期間の空室や家賃の下落・滞納が発生すると一般のサラリーマンではローンの支払いに耐えきれません。空室や家賃の下落・滞納があったとしても、ローンを完済していれば、オーナーの自己負担は毎月1万円程度の管理費修繕積立金を払うだけで済みます。

安全な不動産投資にはローンを繰り上げ返済して、上手にリスクコントロールしていくことが必要です。

自宅のローンが残っていますが、投資用ローンを組むことはできますか?

可能ですが、現在の借り入れ状況や残債、年収、勤務先などによって融資の可否や条件が判断されるため必ずしも利用できるとは限りません。無料相談会では、必要な情報をもとに相談すると、おおよそ利用可能かどうか教えてもらえます。


初心者におすすめの資産運用は
ローリスク・ミドルリターンが
合言葉

投資の知識と経験がなくても、堅実かつ安定的に管理できる資産運用の方法があります。選定や運用をサポートしてくれる会社情報と、資産運用に関する知識が学べるセミナー情報をまとめました。

【PR】今の時代に合った
「中古ワンルーム
マンション投資」

詳しくチェック
失敗しないために!
不動産投資をする前に
チェックすべき
セミナーはこちら
失敗しないために!
不動産投資をする前に
チェックすべきセミナーはこちら
【PR】今の時代に合った
「中古ワンルーム
マンション投資」

詳しくチェック