初心者・女性でも参加できる資産運用セミナー > 資産運用初心者のためのベストマニュアル > 無料資産運用セミナーを利用する前に

無料資産運用セミナーを利用する前に

このページでは、無料資産運用セミナーを利用する前に受講者として把握しておくべき内容についてまとめています。余計なトラブルやリスクを避けるためにも、無料資産運用セミナー利用のポイントをきちんと理解しておきましょう。

なぜ無料で受講できるかを考える

そもそも、どうして無料資産運用セミナーは受講料が無料で開催されているのでしょうか。当然ながらセミナーを開催するには会場費用や講師へ依頼する費用、受講生からの受付に対応する費用や労力など様々なコストが発生しています。言い換えれば、無料資産運用セミナーとはそういった開催に関する費用を全て主催者が負担しているイベントです。

根本的な話として、利益性が皆無な事業はビジネスとして成立しません。それにもかかわらず無料資産運用セミナーが全国各地で開催されているという現状を鑑みれば、必ずそこには主催者にとってもメリットを得られる理由やチャンスがあるということです。

無料資産運用セミナーの本質を理解した上で参加する価値を判断するためにも、まずはどうしてセミナーが無料で開催されているのか理由を把握しておきます。

金融商品を販売するため

金融機関や不動産投資会社などが主催している無料資産運用セミナーでは、セミナーそのものが金融商品のプロモーションになっているケースが少なくありません。

無料資産運用セミナーで対象となる金融商品のポイントやメリット、魅力をアピールし、その上で受講生に金融商品を購入してもらえるようにと取り組むことが目的です。

この場合に重要となるのは、金融商品の中には悪質な情報商材ビジネスなどが紛れ込んでいる可能性と、さらに押し売りのような販売方法です。

無料で資産運用セミナーを受講している側として、積極的に勧められている金融商品やビジネスチャンスを断ってしまうのは申し訳ないと考える人もいるでしょう。しかし、あくまでも無料資産運用セミナーは主催者にとっても受講生にとってもWin-Winの関係であることが大切であり、望まない金融商品を買わないように注意してください。

無料個別相談への案内

無料資産運用セミナーは複数の受講生を相手にするセミナーであり、さらに個人を対象とした個別相談が無料で行われることもあります。

一般論として、無料資産運用セミナーでは人々へ広く当てはまる内容や、業界全体の動向、今後に予想される展望といった情報が広く共有されます。

一方、無料個別相談ではより相談者の事情やニーズを反映させたピンポイントの解説や話がテーマになることが多く、それぞれの相談者に対してよりダイレクトな商品紹介やプロモーションが行われることもあるでしょう。

また、専門家への無料個別相談を希望する条件として、まず無料資産運用セミナーへ参加するといったことが設定されていることもあります。

有料のマネーセミナー(マネースクール)への勧誘

無料資産運用セミナーはテーマに関する表面的な話を行い、さらに深い話を聞きたい人向けに有料のセミナーが実施されることも少なくありません。

そのような場合、無料資産運用セミナーは有料マネーセミナーへ勧誘する場になっていることもあります。

人材教育

企業や団体が実施する無料資産運用セミナーの中には、開催費用などのコストを先行投資と考え、人材育成や従業員教育を目的として実施されているものもあります。

また、人材教育として開催される無料資産運用セミナーについては、オープンなスタイルでなく招待者のみが参加できるスタイルも珍しくありません。

主催者別の紹介サービス・商品の傾向

無料資産運用セミナーを主催している企業や団体、機関には様々なものがあり、それぞれの主催者によって紹介されるサービスや案内される金融商品の傾向にも違いがあります。

そのため、自分が求めるテーマやニーズに合わせて主催者を判断することも大切です。

銀行主催のセミナーが無料の理由

銀行が主催する無料資産運用セミナーでは、一般的にその銀行が取り扱っている金融商品のプロモーションの場になっています。

銀行主催の無料資産運用セミナーの場合、基本的に参加者となる受講生は銀行と取引のある顧客であることが多くなります。そのため、悪質なセミナーで不評を買えば銀行業務そのものへの悪影響となるため、セミナーとしての信頼性は比較的高いと考えることができるでしょう。ただし、どうしてもリスクを抑えつつ銀行の利益を考えた金融商品が紹介されるため、ハイリスクハイリターンの資産運用を求める人には物足りないかも知れません。

保険会社主催のセミナーが無料の理由

保険会社主催のセミナーも銀行主催のセミナーと同様に、金融商品のプロモーションの場になっています。ただし、保険会社が紹介する金融商品は必ずリスクマネジメントの概念が土台に設定されており、銀行主催のセミナーよりもさらに低リスクの金融商品が紹介されている可能性があります。

なお、保険会社主催のセミナーでは、既存の保険契約に付帯する形であればお得に資産運用を始められるといった情報が個別に提供されることもあるでしょう。

証券会社主催のセミナーが無料の理由

証券会社主催のセミナーでは、様々な資産運用のタイプがテーマになり得ます。不動産投資や株式投資、FXなど色々な資産運用について解説し、証券会社として魅力的な顧客を開拓することが目的となっています。

マスコミ・出版社主催のセミナーが無料の理由

マスコミや出版社が主催する無料資産運用セミナーでは、特定の金融商品をプロモーションするだけでなく、民間の投資家や資産運用に興味を抱いている人についての取材や情報収集を兼ねている可能性もあるでしょう。

また、セミナーの講師が出版している資産運用マニュアルや関連書籍の販売プロモーションであることも少なくありません。

投資家・アナリストなど個人が主催のセミナーが無料の理由

投資家やアナリストといった個人が主催するセミナーが無料で開催されている場合、その主催者にとって何かしらメリットのある金融商品を紹介したり、オンラインサロンや投資スクールへの勧誘をしたりといったことが主目的となります。

個人主催のセミナーは品質が人によってバラバラであり、必ず参加前に情報収集をしておきましょう。

投資スクールが主催のセミナーが無料の理由

投資スクール主催の無料資産運用セミナーは、スクールへの入学を促す勧誘の場です。また、自社で取り扱っている金融商品や資産運用のアピールも行われます。

無料セミナーに参加する際の心構え

無料資産運用セミナーへ参加する場合、必ず以下のようなポイントを意識しておき、当日になってから混乱したり慌てたりしないようにしましょう。

商品紹介や個別相談は当然にあると理解しておく

無料資産運用セミナーは受講生にとって無料で情報収集ができる場というだけでなく、あくまでも主催者にとってビジネスチャンスの場であり、新たな顧客を開拓・確保するための事業戦略です。そのため、当然ながら無料資産運用セミナーの中で主催者にメリットのある金融商品の紹介やスクールへの勧誘といったことが行われます。

セミナーの中で商品紹介や宣伝、勧誘などを受けたからといって、それらが必ずしも悪徳商法への誘いや不正取引への勧誘であるとは限らない点を理解しておいてください。

ただし、商品紹介や個別相談において特定商品を宣伝されたとして、その場で契約や加入を求めてくるような場合、即答せずに必ず落ち着いて考えることも重要です。

主催者や共催者、セミナー内容といった情報を事前にHPなどで調べておく

世の中には信頼性が高く、主催者にとっても受講生にとってもメリットを共有できる無料資産運用セミナーがある反面、悪徳商法への勧誘や半ば強制的な顧客獲得の場になっていることもあります。

そのため、そのようなリスクやトラブルを避ける方法の1つとして、あらかじめセミナーや主催者に関する情報を公式ホームページや口コミサイトなどで収集しておくことが不可欠です。

調べておくべき情報は、セミナーの内容や主催者、講師の情報、参加者の数、そしてこれまでに何回セミナーが開催されてきたのかという実績です。なお、口コミサイトなどの評判も参考になりますが、あまりに好意的な口コミしか存在しなかったり、悪口しか存在しなかったりする場合は注意してください。


初心者におすすめの資産運用は
ローリスク・ミドルリターンが
合言葉

投資の知識と経験がなくても、堅実かつ安定的に管理できる資産運用の方法があります。選定や運用をサポートしてくれる会社情報と、資産運用に関する知識が学べるセミナー情報をまとめました。